鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ紫陽花シーズン到来ですが・・・

葛原岡神社
=「日野俊基」終焉の地=

編集:yoritomo-japan.com







葛原岡神社


 葛原岡神社は、由比ヶ浜の鎮守。

 祭神は後醍醐天皇に仕えた朝臣日野俊基

 1887年(明治20年)、明治天皇が忠臣顕彰のために創建した。
 
 俊基は、1332年(元弘2年)6月3日、後醍醐天皇の倒幕計画に参加した罪で葛原ヶ岡で斬首(元弘の変)。

 葛原岡神社がある場所が俊基の最期の地といわれ、「秋をまたで葛原岡に消ゆる身の露のうらみや世に残るらん」と詠んで死に果てたという(参考:鎌倉幕府の滅亡)。

 境内には、俊基の墓とされる宝篋印塔が建てられている。 


祭神
日野俊基


 「元弘の変」では、日野俊基以外にも北条氏調伏の祈祷をしたとして円観・文観・忠円といった僧も捕らえられている。
 円観は、鎌倉幕府滅亡後、宝戒寺の開山となった。


鎌倉:宝戒寺の開山円観慧鎮(okadoのブログ)



リンクボタン葛原岡神社の初詣と無患子守

リンクボタン鎌倉:恋愛・良縁のパワースポット

リンクボタン朝廷内の対立と後醍醐天皇





日野俊基の墓
リンクボタン日野俊基の墓
日野俊基終焉の地
リンクボタン日野俊基終焉地

葛原岡神社縁結び石
リンクボタン縁結び石
(祭神は大黒天)
魔去ル石
リンクボタン魔去ル石

葛原岡神社合鎚稲荷社
リンクボタン合鎚稲荷社
(刀工正宗ゆかり)
藤原仲能の墓
リンクボタン藤原仲能の墓
海蔵寺と道智禅師)


昇運の神龍
昇運の神龍

 旧本殿に納められていた神龍。
 約120年にわたり祭神を守り続けてきた。







〜地名の由来〜

 「葛原ヶ岡」という地名は、鎌倉景成がその祖「葛原親王」(かつらはらしんのう)を氏神として丘上に祀ったことで付けられた名といわれている。

 梶原の鎮守・御霊神社は、葛原親王の社を遷座したとも伝えられ、坂ノ下の御霊神社は、その分社とも伝えられる。

 葛原親王は桓武平氏の祖。

 その子(孫?)の高望王は坂東平氏の祖。

 鎌倉景成は、高望王の五男で平良文の子孫とされ、景成の子が権五郎景政、その子孫には梶原景時がいる。


葛原ヶ岡・富士
葛原ヶ岡からの富士



 源頼朝像の建つ源氏山公園から葛原岡神社へと向かう参道は、紅葉ツバキの名所。

葛原岡神社の桜
リンクボタン
葛原岡神社のアジサイ
リンクボタンアジサイ

葛原岡神社のイチョウ
リンクボタン紅葉・黄葉
葛原岡神社のツバキ
リンクボタンツバキ


葛原岡神社例大祭
リンクボタン例祭(墓前祭)
6月3日
葛原岡神社無患子守
リンクボタン無患子守

葛原岡神社の玉こんにゃく
リンクボタン玉こんにゃく
葛原岡神社例祭
リンクボタン例大祭


初詣・葛原岡神社



森林浴を楽しみながら古道を散策

葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース
リンクボタン葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース


 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースは、浄智寺から葛原ヶ岡を抜けて鎌倉大仏までのハイキングコース。

 途中には葛原岡神社源氏山公園銭洗弁財天佐助稲荷神社などがある。


okadoのブログ
葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース:その1

葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース:その2

葛原岡神社参道(北鎌倉駅〜瓜ヶ谷やぐら群〜葛原ヶ岡)

浄智寺〜天柱峰〜葛原ヶ岡〜源氏山公園2011/05/03

無患子(むくろじ)・・・葛原岡神社





葛原岡神社
葛原岡神社

鎌倉市梶原5−9−1
0467(45)9002

鎌倉駅西口より徒歩30分
北鎌倉駅より徒歩30分


源氏山三社詣



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時