鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



無患子と無患子守
〜鎌倉:葛原岡神社〜

編集:yoritomo-japan.com








葛原岡神社無患子守


 葛原岡神社の「無患子守」は、境内の無患子の種子をお守りとしたもの。

  「患いを無くす」ということで、「無病息災」と「厄除け」に効能があるという。



葛原岡神社無患子


 無患子(むくろじ)の学名:Sapindus(サピンダス)は、ラテン語の石鹸を意味する。

 無患子の種子の果皮は泡立つため、昔はそれを使って洗濯や体を洗っていたという。

 また、羽子板の羽に使われている重りは、無患子の種子。









葛原岡神社
リンクボタン葛原岡神社

 葛原岡神社は、由比ヶ浜の鎮守。祭神は後醍醐天皇に仕えた朝臣日野俊基
 1887年(明治20年)、明治天皇によって忠臣顕彰のために創建された。 


鎌倉市梶原5−9−1
0467(45)9002

鎌倉駅西口より徒歩30分
北鎌倉駅より徒歩30分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部