鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



御霊神社
=梶原の鎮守=

編集:yoritomo-japan.com







御霊神社


 梶原の御霊神社は、1190年(建久元年)、梶原景時の創建と伝えられている。

 梶原氏は、桓武平氏の血をひく坂東八平氏の一つ鎌倉氏の一族。

 その家系については諸説あって不明な点が多いが、鎌倉権五郎景政を祖としているとも言われ、景時景政を祀って御霊社としたのだという。

 後に景時も合祀されている。

 江戸時代までは鎌倉権五郎景政夫婦の像をご神体として祀り、梶原景時の像も安置されていたのだという。

 坂ノ下の御霊神社は、この神社を移したものともいわれているが、詳細は不明。

 最初に創建されたのは、葛原ヶ岡だったともいわれている。

 明治の神仏分離までは等覚寺に管理されていた。







御霊神社

 境内に並ぶ五輪塔は、梶原氏代々の供養塔であるとか、新田義貞鎌倉攻めの際の戦死者の供養塔といわれている。


御霊神社
拝殿



梶原景時の墓
リンクボタン梶原景時の墓

 御霊神社西側の深沢小学校裏手のやぐらにある五輪塔は、1200年(正治2年)正月20日、駿河国清見関で最期を遂げた梶原景時と一族の供養塔と考えられている。


源太塚
リンクボタン源太塚
(仏行寺)

 笛田の仏行寺には、梶原景時の子景季の片腕が埋められているという源太塚がある。


(参考)
万福寺山門
萬福寺
(東京大田区)

 萬福寺は、梶原景時の菩提寺。


okadoのブログ
梶原と寺分の散策







御霊神社
御霊神社

鎌倉市梶原1−12−27

湘南モノレール「湘南深沢駅」より徒歩5分



〜手広・笛田・梶原・寺分・上町屋・山崎の史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編