鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



仏 行 寺
=源太塚としのぶ塚=

編集:yoritomo-japan.com








佛行寺


 仏行寺(日蓮宗)は、源頼朝に信頼された梶原景時の子源太景季の菩提寺。

 裏山には、景季の片腕が埋められていると伝わる「源太塚」がある。

 梶原父子は、頼朝の死後、御家人66名の弾劾に遭い、鎌倉から追放され、駿河で討死した(梶原景時の変)。

 その死を悲しんだ景季の妻信夫(しのぶ)はこの地で自害したといわれ、長く間、夫を慕う泣き声が聞こえてきたのだという。

 1495年(明応4年)、信夫の霊を慰めるために村人が建てたのが仏行寺なのだという。

 裏山の斜面一面には「ツツジ」が植えられ、安養院と並ぶ名所となっている。


開山 仏性院日秀
本尊 十界互具曼荼羅



佛行寺


佛行寺


リンクボタン鎌倉の日蓮宗の寺









源太塚
リンクボタン源太塚

 裏山の山頂の古塚は、景季の片腕が埋められていると伝えられ、源太塚と呼ばれている。



しのぶ塚
リンクボタンしのぶ塚

 鎌倉山には、景季の妻信夫のしのぶ塚があって、源太塚と向き合っているのだという。



梶原景時の変

梶原景時・景季の最期


梶原景季
リンクボタン梶原景季





三嶋神社
リンクボタン三嶋神社

 仏行寺の南にある三嶋神社では、正月3が日には仏行寺の僧によって経があげられ、1月15日には、題目が唱えるのが慣習であるという。



三十番神堂
リンクボタン三十番神宮
(手広)

 手広の「三十番神宮」(正式な名称は「稲荷神社」)の10月の祭礼には、仏行寺の住職が出向いて経をあげる習慣となっている。

 「三十番神」というのは、1ヶ月30日間、交替で法華経信仰者を守る神と伝えられ、江戸時代まで仏行寺が別当を勤めていた。





佛行寺ツツジ
リンクボタン仏行寺のツツジ





〜梶原景季ゆかりの地〜

梶原景時の墓
リンクボタン梶原一族の墓
(鎌倉)
一宮館跡
リンクボタン梶原一宮館址
(寒川町)


万福寺磨墨像
リンクボタン磨墨像
(大田区萬福寺)
身代わり地蔵
リンクボタン身代わり地蔵
(箱根町)


来福寺
リンクボタン来福寺
(品川区)
梶原山
リンクボタン梶原終焉の地
(静岡市:梶原山)



okadoのブログ
笛田から鎌倉山の散策









仏行寺
仏行寺

鎌倉市笛田3−29−22
0467(32)2032

鎌倉駅よりバス
深沢・手広方面藤沢駅行
深沢・天神下経由大船行
梶原口下車徒歩10分



〜手広・笛田・梶原・寺分・上町屋・山崎の史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮