鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



後醍醐天皇の討幕計画と宝戒寺開山の円観慧鎮
(元弘の変)

編集:yoritomo-japan.com







 1331年(元弘元年)4月29日、鎌倉に重大な知らせを持った飛脚が到着。

  内容は、「後醍醐天皇が倒幕を企て、円観、文観、忠円らが関東調伏の祈祷をしている」というものだった。

 知らせたのは、後醍醐天皇の側近吉田定房。


当時、宝戒寺開山の円観は後醍醐天皇の帰依を受け、京都法勝寺(廃寺)の住持を勤めていた。


 密告を受けた鎌倉幕府は、直ちに2人の使者を六波羅探題へ送り、後醍醐天皇の側近日野俊基と、祈祷を行っていたという円観、文観、忠円を逮捕。

 そして、円観らは鎌倉に送られた。

 鎌倉では、円観らが祈祷を行っていたという現場の図面が証拠として提出され、「間違いなく調伏の作法である」ということが判明。

 侍所に引き渡され、火責め・水責めの拷問にあった文観は、調伏の祈祷を白状し、忠円は後醍醐天皇が東大寺興福寺比叡山の僧兵を味方につけようとしていることや、日野俊基が挙兵を企てていたことを白状した。

 円観は徳業の高い僧であったためか拷問されずにすんだのだという。

 その後、円観は陸奥へ、文観は硫黄島へ、忠円は越後へ流罪。

 日野俊基は、翌年6月、葛原ヶ岡で処刑。

 さきの正中の変で佐渡流罪となっていた日野資朝も同じ頃に現地で処刑された。

 後醍醐天皇は笠置山で挙兵するが、捕らえられ隠岐に流されている。


葛原岡神社
リンクボタン葛原岡神社
日野俊基墓
リンクボタン日野俊基の墓

 葛原岡神社は、日野俊基を祀る神社。

 境内には、葛原ヶ岡で処刑された俊基の墓がある。


リンクボタン後醍醐天皇の倒幕計画と日野俊基(正中の変・元弘の変)


鎌倉幕府滅亡

新田義貞の鎌倉攻め



 鎌倉幕府滅亡後、円観は罪を赦せられて法勝寺に戻り、東大寺の大勧進職に就いている。

 1335年(建武2年)には、後醍醐天皇足利尊氏に命じて創建させた宝戒寺の開山となった。

 一説によると、軍記物の『太平記』は、 円観が編纂に携わっていたのだとか。


後醍醐天皇陵
リンクボタン後醍醐天皇陵
(吉野山:如意輪寺)

 宝戒寺創建後、足利尊氏と対立した後醍醐天皇は、吉野に南朝を興すが、円観は北朝側で活躍したのだという。







宝戒寺
リンクボタン宝戒寺

 宝戒寺は、北条氏の菩提を弔うため、後醍醐天皇の命により足利尊氏が創建した寺。
 秋のシロハギで知られ「ハギの寺」と呼ばれている。 


鎌倉市小町3−5−22
0467(22)5512

鎌倉駅東口より徒歩15分


リンクボタン小町大路の歴史散策



鎌倉:寺社・史跡めぐり
小町・大町周辺

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時