鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 青天を衝け
鎌倉殿の13人 特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編



鎌倉の寺院と文学者

編集:yoritomo-japan.com







 多くの文学者たちが鎌倉の寺院と関りをもち、この世に多くの作品を残している。


泉鏡花

 明治24年、妙長寺(材木座)でひと夏を過ごし、そのときのことを「みだれ橋」(のちに「星あかり」と改題)に書いている。 

妙長寺
リンクボタン妙長寺


島崎藤村

 明治26年、恋の悩みを抱えて円覚寺塔頭帰源院に参禅。 のちに「春」に書いた。

帰源院
リンクボタン帰源院


夏目漱石

 明治27年、神経を病み、菅虎雄のすすめで円覚寺塔頭帰源院に止宿し、釈宗演に参禅した。
 15年後、その体験を「門」に書いている。
 帰源院には、「佛性は白き桔梗にこそあらめ」と彫られた漱石の句碑が建てられている。

帰源院
リンクボタン帰源院


夏目漱石の『門』


葛西善蔵

 大正8年に建長寺塔頭宝珠院に移転した。茶屋「招寿軒」の娘ハナの世話を受け、過ごした日々を『おせい』(ハナがモデル)などに書いた。
 建長寺塔頭回春院に墓がある。

招寿軒
リンクボタン招寿軒


作家葛西善蔵と鎌倉(okadoのブログ)



有島武郎

 大正8年に円覚寺塔頭松嶺院で過ごす。「或る女のグリンプス」(のちに「或る女」と改題)の後編を書いた。
 弟に有島生馬、里見クがいる。

松嶺院
リンクボタン松嶺院


林不忘 (長谷川海太郎)

 大正15年、材木座の向福寺で新婚生活を送る。
 その後、鎌倉を転々として、『丹下左膳』や『新巌窟王』を書いた。
  妙本寺祖師堂横に墓がある。

向福寺
リンクボタン向福寺






中原中也

 小林秀雄と交流。妙本寺境内のカイドウの木の下で、共通の女性長谷川泰子について話したことが、小林秀雄によって「中原中也の思い出」として書かれた。その後二人は八幡宮の茶屋でビールを飲んだという。
 最晩年は、壽福寺境内の借家に住んだ。

妙本寺
リンクボタン妙本寺


与謝野晶子

 高徳院(鎌倉大仏)の観月堂のかたわらに「かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は美男におわす夏木立かな」の歌碑が建てられている。

与謝野晶子歌碑
リンクボタン与謝野晶子歌碑


川端康成

 『千羽鶴』に円覚寺塔頭佛日庵を登場させている。『山の音』は長谷を舞台としたもの。
 (参考:川端康成記念会

佛日庵
リンクボタン佛日庵


高浜虚子

 正岡子規に師事し、俳誌『ほととぎす』に参加。御成小学校正門(旧御用邸門)の門標は、虚子が筆をとった。
 晩年を鎌倉(由比ヶ浜)で過ごし、長谷寺句碑が建てられている。
 壽福寺に墓がある。

旧御用邸門
リンクボタン御用邸門
高浜虚子句碑
リンクボタン句碑


久米正雄

 昭和9年から始まった鎌倉カーニバルの開催に尽力し、昭和11年には、鎌倉ペンクラブを結成して初代会長を勤めた。
 第二次世界大戦末期の昭和20年には、川端康成らとともに貸本屋「鎌倉文庫」を設立した。
 長谷寺胸像が建てられている。

久米正雄胸像
リンクボタン久米正雄胸像


大佛次郎

 『帰郷』には、円覚寺塔頭佛日庵のハクモクレンが描かれている。
 二十五坊跡をめぐる緑地開発反対運動に参加(御谷騒動)。
 久米正雄とともに、昭和9年には鎌倉カーニバルを開催、昭和11年には鎌倉ペンクラブを結成した。
 『鞍馬天狗』など多くの作品をのこしている。

大佛次郎茶亭
リンクボタン大佛次郎茶亭


山崎方代

 晩年を鎌倉で過ごした放浪の歌人。瑞泉寺に歌碑が建てられている。

瑞泉寺
リンクボタン山崎方代歌碑



鎌倉文学館
リンクボタン鎌倉文学館

鎌倉文学館では、鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿・手紙・愛用品などが展示されている。






リンクボタン鎌倉雑学トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時