鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



久米正雄胸像
〜鎌倉:長谷寺〜

編集:yoritomo-japan.com







久米正雄胸像


 久米正雄は、小説家・劇作家・俳人。

 夏目漱石の門人。

 1923年(大正12年)の関東大震災時には長谷にいて、長谷寺に避難。

 大地震の模様を『鎌倉震災記』に記した。

 1925年(大正14年)から鎌倉に居住し、町議を務め、1934年(昭和9年)から始まった「鎌倉カーニバル」の開催に尽力。

 1936年(昭和11年)には、「鎌倉ペンクラブ」を結成して初代会長を務めた。

 第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)には、川端康成らとともに貸本屋「鎌倉文庫」を創設。
 
 「鎌倉文庫」は、戦後、出版社として東京に進出し、久米が初代社長を務めている。

 長谷寺の胸像は、久米の三回忌に鎌倉ペンクラブが建立した。

 墓所は瑞泉寺



参考
高山樗牛住居跡碑
リンクボタン高山樗牛住居跡碑
高山虚子句碑
リンクボタン高浜虚子句碑


鎌倉市民カーニバル
リンクボタン鎌倉市民カーニバル


 「鎌倉市民カーニバル」は、久米正雄が中心となって開催された鎌倉の夏の風物詩「鎌倉カーニバル」を手本として、2016年(平成28年)より始められた。






鎌倉:長谷寺
リンクボタン長谷寺

736年(天平8年)の開創と伝えられる古寺。
本尊の十一面観音は木造では日本最大級の仏像で、坂東札所の第4番。

鎌倉市長谷3−11−2
0467(22)6300

江ノ電「長谷駅」から徒歩5分


江ノ電で鎌倉



長谷寺境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時