鎌倉手帳(寺社散策)

草鹿(くさじし)
〜鎌倉:鎌倉宮〜

編集:yoritomo-japan.com







鎌倉宮:草鹿


 毎年5月5日に行われる鎌倉宮の「草鹿」(くさじし)の起源は、1193年(建久4年)に源頼朝が催した大規模な軍事訓練である富士裾野の巻狩りといわれています。

 草を束ねて鹿の形にして、それを射る訓練をさせたことが、いまでも「草鹿神事」として残っているようです。

 5人ずつ2組に分かれ、古式にのっとって鹿の形を射て、その点数を競い合います。

 勝ち組の大将には、「菖蒲」が授与されます。

 弓馬術礼法小笠原流の皆さんによる奉納です。


5月5日:13:00〜





鎌倉宮:草鹿


 まずは、各組4人が点数を競い合い、最後に各組の大将が登場してきます。


鎌倉宮:草鹿


鎌倉宮:草鹿
的は鹿

 富士裾野の巻狩りで度々鹿を射損じる家人。

 そこで頼朝は、草を鹿の形に束ねさせ、それを射る稽古をさせたのだとか・・・。


リンクボタン鎌倉:GW特集







〜富士裾野の巻狩りと源範頼の謀叛〜

 富士裾野の巻狩りでは、有名な「曾我兄弟の仇討ち」が起こっています。

 曾我兄弟によって工藤祐経が殺害された事件です。

 しかし、それだけで、この事件は終わっていません。

 この事件に絡んで源頼朝の弟範頼が伊豆修禅寺に流され、のちに梶原景時に攻められ自害しています。

 仇討ちの真の目的が頼朝暗殺にあったとも考えられる事件だったようです。


富士裾野の巻狩り

曽我兄弟の仇討ち

源範頼の謀叛

頼朝の富士巻狩りと曽我兄弟の仇討ち


富士裾野の巻狩と曾我兄弟の仇討ち・・・(okadoのブログ)



流鏑馬
リンクボタン小笠原流流鏑馬

 弓馬術礼法小笠原流は、源頼朝の弓馬師範だったという小笠原長清を祖としています。

 9月の鶴岡八幡宮例大祭では流鏑馬が奉仕されます。





鎌倉宮
リンクボタン鎌倉宮

鎌倉宮は、護良親王を祀るため明治天皇が創建した。
長い歴史において、「天皇自らが創建」した神社は鎌倉宮のみ。

鎌倉市二階堂154

鎌倉駅から大塔宮行バス終点下車


鎌倉GW特集






鎌倉の行事・祭


6月は鎌倉でアジサイ
鎌倉あじさいめぐり

開花・見頃・イベントの情報
2020鎌倉あじさい情報


明月院のアジサイ 長谷寺のアジサイ


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)