鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態だから自宅で鎌倉 ・・・ 源頼朝に届いた平家打倒の令旨  源頼朝挙兵  承久の乱  北条政子の言葉  新田義貞の鎌倉攻め

四角四境祭
〜鎌倉:八雲神社〜


編集:yoritomo-japan.com







北鎌倉の岩塊
北鎌倉隧道


 『吾妻鏡』によると、1224年(元仁元年)12月26日、三代執権北条泰時は、鎌倉に疫病が流行したことから、六浦、小坪、稲村、山内の四境(鎌倉の境界(外側)で「四角四境祭」を執行させた。

 「四角四境祭」とは、陰陽道に基づく除災の儀式。

 山内の斎場は八雲神社だったと伝えられている。

 1235年(嘉禎元年)、四代将軍藤原(九条)頼経が疱瘡にかかった際には、巨福呂坂・小坪・六浦・片瀬を四境とする「四角四境祭」が行われているが、この時の「巨福呂坂」と1224年(元仁元年)の時の「山内」は同じ場所と考えられるという。


 ※  JR北鎌倉駅横のトンネル(北鎌倉隧道)が掘られている岩塊は、平安時代後期より鎌倉の北の境界だったという。

   平成27年4月28日より、北鎌倉隧道は通行できなくなりました。


リンクボタン巨福呂坂

リンクボタン小坪路


リンクボタン朝夷奈切通

リンクボタン龍口刑場跡

リンクボタン北条泰時の鬼気の祭
(1224年(元仁元年)の四角四境祭)





〜鎌倉の西の境界〜

 1180年(治承4年)、北条政子が鎌倉に入る際に稲瀬川付近の民家に滞在していること。

 1184年(元暦元年)、平家追討に向かう源範頼源頼朝稲瀬川の桟敷から見送っていること。

 1185年(文治元年)、後白河法皇から送られてきた源義朝の髑髏を持った使者を源頼朝は稲瀬川まで出迎えていること。

 などから、当時の鎌倉の西の境が稲瀬川だったと考えることができる。


稲瀬川の碑
リンクボタン稲瀬川の碑


 1224年(元仁元年)、北条泰時が行わせた「四角四境祭」では、西の境は稲村ヶ崎となり、1235年(嘉禎元年)の「四角四境祭」の際には、稲村ヶ崎から片瀬にまで拡がったものと考えられる。



〜陰陽師安倍晴明の伝説〜

 八雲神社のある山ノ内は、陰陽師安倍晴明の伝説が多く残されている地。

 1180年(治承4年)、鎌倉入りをした源頼朝の当座の御所は、安倍晴明の護符が貼られた屋敷を移築したものだった(参考:大倉幕府跡)。 


八雲神社晴明石
リンクボタン晴明石







八雲神社(山ノ内)
リンクボタン八雲神社

 山ノ内の八雲神社は、山ノ内の鎮守。
 境内の庚申塔の中には寛文5年銘のものがあり、鎌倉最大最古の庚申塔。


鎌倉市山ノ内585

北鎌倉駅より徒歩5分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時