鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

安倍晴明のびっこ石
〜鎌倉:八雲神社〜


編集:yoritomo-japan.com







八雲神社の晴明石


 山ノ内の八雲神社には、「びっこ石」と呼ばれる石が残されている。

 むかし、道路の真中に大きな石が埋まっていた。

 この石を知らずに踏めば足が丈夫になり、知っていて踏めばびっこになるといわれていた。

 現在は、八雲神社の境内に移されている。

 この石は「晴明石」とも呼ばれ、火難・災難よけの神の石といわれている。

 晴明とは平安時代の陰陽師「安倍晴明」

 「晴明石」は、もとは十王堂橋付近にあって、多聞院の所有だったという。


陰陽師安倍晴明の伝説(okadoのブログ)

鎌倉の四角四境祭(okadoのブログ)





〜源頼朝の御所と安倍晴明〜

 1180年(治承4年)、鎌倉入りした源頼朝が最初の居所は、山ノ内にあった首藤兼道邸が移築された。

 この家は、安倍晴明の護符によって建ててから200年もの間、1度も火事に遭わなかったという(参考:大倉幕府跡)。

 山ノ内には、安倍晴明の伝説が残されている場所が他にもある。

安倍晴明碑
リンクボタン横須賀線踏切付近
安倍晴明碑
リンクボタン第六天社

 安倍晴明は平安時代の陰陽師。

 平安以降、鎌倉時代から明治に至るまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。

 陰陽師は、星の動きで吉凶を予測し、呪術をつかっての厄除けや怨霊を鎮める役職にあった。


晴明神社
リンクボタン晴明神社
(京都)







八雲神社
リンクボタン八雲神社

 山ノ内の八雲神社は、山ノ内の鎮守。
 境内の庚申塔の中には寛文5年銘のものがあり、鎌倉最大最古の庚申塔。

鎌倉市山ノ内585



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時