鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉検定 夏だ!休みだ!鎌倉だ!



安倍晴明のびっこ石
〜鎌倉:八雲神社〜


編集:yoritomo-japan.com








八雲神社の晴明石


 山ノ内の八雲神社には、「びっこ石」と呼ばれる石が残されている。

 むかし、道路の真中に大きな石が埋まっていた。

 この石を知らずに踏めば足が丈夫になり、知っていて踏めばびっこになるといわれていた。

 八雲神社の境内に移さたこの石は、「晴明石」とも呼ばれ、火難・災難よけの神の石といわれている。

 晴明とは平安時代の陰陽師・安倍晴明のこと。

 「晴明石」は、もとは十王堂橋付近にあって、多聞院の所有だったのだという。



陰陽師安倍晴明の伝説(okadoのブログ)

鎌倉の四角四境祭(okadoのブログ)





〜源頼朝の御所と安倍晴明〜

 1180年(治承4年)、鎌倉入りした源頼朝が最初の居所は、山ノ内にあった首藤兼道邸が移築された。

 この家は、安倍晴明の護符によって建ててから200年もの間、1度も火事に遭わなかったのだとか(参考:大倉幕府跡)。

 山ノ内には、安倍晴明の伝説が残されている場所が他にもある。


安倍晴明碑
リンクボタン横須賀線踏切付近
安倍晴明碑
リンクボタン第六天社


 安倍晴明は平安時代の陰陽師。

 平安以降、鎌倉時代から明治に至るまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。

 陰陽師は、星の動きで吉凶を予測し、呪術をつかっての厄除けや怨霊を鎮める役職にあった。



晴明神社
リンクボタン晴明神社
(京都)

 晴明神社は、一条天皇が晴明の偉業を讃え、晴明の屋敷跡に建立した社。









八雲神社
リンクボタン八雲神社

 山ノ内の八雲神社は、山ノ内の鎮守。
 境内の庚申塔の中には寛文5年銘のものがあり、鎌倉最大最古の庚申塔。

鎌倉市山ノ内585



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



鎌倉検定 夏だ!休みだ!鎌倉だ!


紫式部 紫式部年表


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮