鎌倉手帳(寺社散策)

陰陽師:安倍晴明の碑
〜鎌倉:山ノ内〜

編集:yoritomo-japan.com







安倍晴明碑


 山ノ内道のJR横須賀線踏切近くにある安倍晴明の碑。

 1180年(治承4年)、源頼朝は鎌倉に入ると、山ノ内にあった首藤兼道邸を移築して当座の御所とした。

 この建物は、安倍晴明の護符が貼られたもので200年もの間、1度も火事に遭わなかったという。

 この碑の辺りに安倍晴明の屋敷があったといわれている。


源頼朝の御所跡
大倉幕府
鎌倉観光大倉幕府跡

 1180年(治承4年)10月9日、鎌倉入りを果たした源頼朝は大倉の地に御所の造営を開始。

 10月15日には、首藤兼道邸の移築が完了しているが、大倉にあったのかどうかは不明。





 山ノ内には、安倍晴明に関する伝説が残る場所が数か所存在する。

第六天社
リンクボタン安倍晴明の碑
(第六天社)
八雲神社晴明石
リンクボタン晴明石
(八雲神社)


陰陽師安倍晴明の伝説(okadoのブログ)

山ノ内道の散策(okadoのブログ)






〜安倍晴明〜

 安倍晴明は平安時代の陰陽師。

 平安以降、鎌倉時代から明治に至るまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。

 陰陽師は、星の動きで吉凶を予測し、呪術をつかっての厄除けや怨霊を鎮める役職にあった。


晴明神社
リンクボタン晴明神社
(京都)

 晴明神社は、安倍晴明の屋敷跡に建てられた社。



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
献詠披講式 桜の開花・見頃情報
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜