鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



北条時房の元服と北条政子が激怒した改名の逸話

編集:yoritomo-japan.com







〜盛大に行われた元服式〜

 『吾妻鏡』によると・・・

 1189年(文治5年)4月18日、御所で北条時政の三男の元服式が行われた。

 儀式は、大内義信・太田広綱・安田義定・源範頼北条義時・新田義兼・千葉常胤三浦義澄三浦義連畠山重忠・小山田重成・八田知家足立遠元・工藤景光・梶原景時和田義盛土肥実平岡崎義実・宇佐美助茂ら源家一門と幕府重鎮が参列する盛大なものだった。

 源頼朝は加冠役に三浦義連を指名し、五郎時連と名づけられた。

 義連が加冠役となった理由は、1181年(治承5年)6月に納涼のために行った三浦で、上総広常岡崎義実が言い争った際、これを収めたのが義連だったから。

 北条政子が可愛がっている子の将来を考えて、頼りとなる者を選んだのだという。



〜時房に改名〜

 しかし、1202年(建仁2年)、時連は「時房」と改名する。

 『吾妻鏡』・『北条九代記』によると・・・

 この年の6月25日、源頼家の御所では、北条政子も出席した蹴鞠の会が催された。

 夕刻まで蹴鞠が行われた後、酒宴となり、京の白拍子・微妙が舞い、平知康が鼓を打ったのだという。

 宴たけなわとなり、時連に酒を勧めた知康。

 「北条殿は、容姿もうるわしく、ふるまいも雅であるのに、時連という名は下劣です。

 「連」の文字は、銭を貫く紐の意味でしょうか。

 それとも歌の名人紀貫之にあやかろうとするものでしょうか。

 いずれにしても適当な名ではないので、早く将軍に申し上げて改名した方がよろしいでしょう」

 と言って笑ったのだという。

 話を聞かされた時連は「連」の字を改めることにしたのだとか。



〜政子激怒〜

 政子は平知康の言動を「理解に苦しむ愚かなこと」と激怒。

 「その昔、木曽義仲法住寺殿を襲撃した際、公卿や殿上人が恥をかいたのは、知康が後白河法皇に義仲追討の建議を奉ったから。

  また、源義経に味方して将軍家を滅ぼそうと諮った際、先代(頼朝)は知康の職を解き、追放するように法皇に申し入れをしました。

 それなのに、頼家はそれを忘れ、親しくそばに近づけたことは、亡き父の趣旨に反しています」と。

 元服式での命名の経緯からすると、政子の怒りは当然のことかもしれない。

 恐縮した知康は、しばらく家を出なかったのだとか・・・

 平知康は、鼓判官と呼ばれた武将。

 『吾妻鏡』によると、1186年(文治2年)12月11日、弁解のため鎌倉へ下向したのだという。







北条時房


2022年のNHK大河ドラマは
鎌倉殿の13人

鎌倉との繋がりを求めて
奈良・京都

源頼朝と北条氏ゆかりの地
源頼朝配流地・北条氏発祥地


北条得宗家の所領だった北鎌倉
山内荘と北条氏

北条氏ゆかりの寺社・史跡
北条氏をめぐる鎌倉



鎌倉:北条氏MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編