鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

英 勝 寺
=水戸さまの尼寺《英勝寺》=

編集:yoritomo-japan.com







英勝寺


 英勝寺は、鎌倉で唯一の尼寺(浄土宗)。

 開基は英勝院尼。

 英勝院尼は、徳川家康に仕え「戦には必ず勝利をもたらした」ので「お勝の方」と呼ばれ、家康の命により水戸家初代の徳川頼房の養母となった。

 家康の死後、徳川三代将軍家光より先祖・太田道灌の土地を譲り受け、1636年(寛永13年)、英勝寺を建立。

 頼房の息女・玉峯清因を開山に迎えた。

 壽福寺前にあったとされる鎌倉十橋の一つ勝ノ橋」は、英勝院尼が架けたことからこの名がついたという。

 徳川光圀もこの寺を訪問しており、英勝院尼没後は水戸家の姫君が代々住職を勤めたため「水戸御殿」とも呼ばれたが、六代の清吟尼を最後に水戸家からの住持は絶え、徳川家の支援によって維持されていたという。


開山 玉峯清因
開基 英勝院尼
本尊 阿弥陀如来


 開基の英勝院尼は、扇谷上杉氏に仕えた太田道灌から数えて四代の孫康資の娘。


リンクボタン鎌倉の浄土宗の寺





英勝寺
境内の建築物・施設等
(境内MAP掲載)



〜智岸寺跡〜

 英勝寺は、尼寺・智岸寺の跡地に建てられた寺。

 『十六夜日記』の作者・阿仏尼や瑞泉寺のどこも苦地蔵の伝説が残されている。

阿仏尼の墓
リンクボタン阿仏尼の墓
『十六夜日記』作者
瑞泉寺どこも苦地蔵
リンクボタンどこも苦地蔵
伝説の地蔵堂



〜善光寺縁起絵巻〜

 『善光寺縁起』は、長野の善光寺本尊の故事来歴をつづった霊験譚。

 平安時代末期に全国的に広まっていたといわれ、巻き物の形式で現存するのは英勝寺所有の『善光寺縁起絵巻』のみ。

 『善光寺縁起絵巻』は5巻で一組で、1768年(明和5年)に高松藩主・徳川頼重が奉納したものとされ、釈迦の前世から、阿弥陀如来像の御利益、善光寺の建立までが描かれている。

 2020年(令和2年)、鎌倉市の文化財に指定された。


 徳川頼重は、水戸徳川家初代・徳川頼房の長男で、徳川光圀の兄。
 英勝寺の山門は、頼重が建立したもの。


善光寺本堂
リンクボタン善光寺





花・景色

英勝寺侘助
リンクボタンツバキ
(侘助)
英勝寺の梅
リンクボタン

英勝寺のツツジ
リンクボタンツツジ
英勝寺のシロフジ
リンクボタンフジ

英勝寺のヤマブキ
リンクボタンヤマブキ
英勝寺のヒガンバナ
リンクボタンヒガンバナ



新編鎌倉志
リンクボタン『新編鎌倉志』

 1673年(延宝元年)、鎌倉を訪れた光圀は、英勝寺を拠点に鎌倉の名所・旧蹟を巡った。

 このときにまとめられた『鎌倉日記』を基に編纂されたのが『新編鎌倉志』







太田道灌邸旧蹟の碑
太田道灌邸旧跡の碑


英勝寺

鎌倉市扇ガ谷1−16−3
0467(22)3534

鎌倉駅西口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時