鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



智岸寺の地蔵堂
智岸寺稲荷とどこも苦地蔵

編集:yoritomo-japan.com







智岸寺稲荷神社
智岸寺稲荷神社


 扇ヶ谷に英勝寺が創建される前、そこには智岸寺という寺があった。

 江戸初期までは、智岸寺の地蔵堂があったといわれている。

 現在、瑞泉寺地蔵堂に安置されている伝説の「どこも苦地蔵」は、智岸寺の地蔵堂に安置されていたもの。

 智岸寺が廃された後、鶴岡八幡宮正覚院(二十五坊)に移され、明治の神仏分離後、瑞泉寺に移された。

 智岸寺は、尼寺だったといわれ、東慶寺の旭山尼が隠居した寺でもあった(旭山尼は太平寺住職青岳尼の妹)。


どこも苦地蔵
リンクボタンどこも苦地蔵
(瑞泉寺)






阿仏尼の墓
リンクボタン阿仏尼の墓
どこも苦地蔵堂
リンクボタンどこも苦地蔵堂


どこも苦地蔵と阿仏尼の墓(okadoのブログ)

神仏分離と鶴岡八幡宮(okadoのブログ)






英勝寺
リンクボタン英勝寺

 英勝寺は、戦国武将太田道灌の旧跡に、子孫の英勝院が建てた鎌倉で唯一の尼寺。
 水戸徳川家の姫君が代々住持し、「水戸御殿」と呼ばれた。


鎌倉市扇ガ谷1−16−3
0467(22)3534

鎌倉駅西口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時