鎌倉手帳(寺社散策)

太田道灌とヤマブキ
〜鎌倉:英勝寺〜


編集:yoritomo-japan.com







英勝寺のヤマブキ

 英勝寺には、太田道灌の故事にちなんで仏殿横にヤマブキが植えられています。

英勝寺のヤマブキ

 ある日、鷹狩り出かけた太田道灌は、ひどい雨に降られ、蓑でも借りられないかと農家に立ち寄ったところ、一人の少女が出てきて道灌に「山吹の花」を差し出した。

 道灌は意味がわからず、その話を家臣にしたところ、少女の意が山吹の花にちなんだ古歌「七重八重 花は咲けども 山吹の実(蓑)のひとつだに なきぞ悲しき」にあったことを教えられた。

 「貧乏でお貸しできる蓑さえない」という意味で、「実」と「蓑」をひかっけた少女のとんちだった。

 道灌は自分の教養のなさを恥じ、その後学問に励み、文武両道を備えた名君になったという。

英勝寺のヤマブキ


太田道灌とヤマブキ〜英勝寺〜(okadoのブログ)





太田道灌の首塚
リンクボタン太田道灌首塚

 英勝寺は太田道灌の旧跡に建てられた寺。

 裏山には道灌の首塚があります。
 
 道灌が謀殺された伊勢原市には2つの首塚があります。


〜伊勢原市の道灌の墓〜

太田道灌の墓(伊勢原市・大慈寺)
リンクボタン太田道灌の墓
(大慈寺)
太田道灌の墓(伊勢原市・洞昌院)
リンクボタン太田道灌の墓
(洞昌院)







英勝寺
リンクボタン英勝寺

鎌倉市扇ガ谷1−16−3

鎌倉駅西口より徒歩15分


okadoのブログ
鎌倉:花情報




鎌倉で見つけた花


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)