鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

夏だ!休みだ!鎌倉だ!



鎌倉:英勝寺の山門

編集:yoritomo-japan.com







英勝寺山門


 英勝寺の山門は、1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊し、山王ヶ谷の資産家に買い取られ、長年、山王ヶ谷にあったが、2001年(平成13年)、英勝寺に買い戻された後、復興工事が行われ、2011年(平成23年)5月16日に落慶供養が行われた。

 山門の部材からは、後水尾上皇宸筆の扁額が発見されている。

 讃岐高松藩主松平頼重(徳川光圀の兄)によって建立されたもので、2013年(平成25年)、仏殿鐘楼祠堂唐門(祠堂門)とともに国の重要文化財に指定されている。


英勝寺山門扁額



英勝寺山門
上層の釈迦三尊と十六羅漢

 山門上層には、阿弥陀如来、脇侍の観音菩薩と勢至菩薩、その周りに十六羅漢が安置されている。

 安置されている十六羅漢像は11体。
 1体は失われ、4体は鎌倉国宝館に寄託されている。


英勝寺山門

英勝寺山門


復興された英勝寺山門(okadoのブログ)

2013鎌倉:英勝寺の堂宇群が国重文に(okadoのブログ)







英勝寺
リンクボタン英勝寺

 英勝寺は、戦国武将太田道灌の旧跡に、子孫の英勝院が建てた鎌倉で唯一の尼寺。
 水戸徳川家の姫君が代々住持し、「水戸御殿」と呼ばれた。


鎌倉市扇ガ谷1−16−3
0467(22)3534

鎌倉駅西口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


夏だ!休みだ!鎌倉だ!


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編