奈良・京都

後鳥羽天皇京都文化博物館特別展「よみがえる承久の乱」  武士2022年の大河ドラマは北条義時!  八坂神社八坂神社本殿が国宝に。

京都:六道珍皇寺
〜六道詣の寺〜


編集:yoritomo-japan.com







六道珍皇寺


 清水寺の参道清水坂を下った「六道の辻」にある珍皇寺は、「六道詣」で知られる臨済宗建仁寺派の寺で、「六道さん」の名で親しまれている。

 弘法大師(空海)の師慶俊僧都の開基と伝わるが定かではない。

 盂蘭盆前の8月7日から10日までの「六道詣」は、「迎え鐘」をうって精霊を迎える行事で、京都の盆の始まりはこの「迎え鐘」で始まるのだという。

 珍皇寺の門前は、昔から「六道の辻」と呼ばれ、冥界へ通じていると伝えられてきた。

 小野篁は、そこを通ってこの世とあの世を往復していたという。

 境内には篁が冥界への行き来に使用したという井戸が残されている。

 珍皇寺は、鎌倉時代まで東寺に属していたというが、室町時代に入ると建仁寺の聞渓良聡が再興して臨済宗に改められたという(建仁寺の塔頭)。


本尊: 薬師如来坐像
(平安時代・重要文化財)

特別拝観時と六道まいりのときに開帳される。

六道まいり
8月7日から10日






〜六道の辻〜

 平安時代は「風葬」が一般的だったことから、疫病が流行った際には、この辺り一帯におびただしい数の死体が捨てられていた。

 その供養のために開かれたのが空也の西光寺(現在の六波羅蜜寺)だったという。

 六道の辻地蔵尊(西福寺)には多くの石地蔵が置かれている。

 「六道の辻」は、鳥辺野(とりべの)という埋葬地の入口だったこから付けられた呼び名。

 当時は、野ざらしにされる死体が多かったことから、化野(あだしの)、蓮台野(れんだいの)、鳥辺野、華頂(かちょう)、西院(さいいん)が埋葬地として制定された。

 制定したのは小野篁。

 小野篁は、平安時代の公卿で、小野小町の祖父にあたる人物。



六道珍皇寺鐘楼
鐘楼

 「迎え鐘」は、鐘楼の穴から出された引き綱を引っ張って撞く。

 その音は十万億土に響き渡り、その音をたよりに精霊がこの世へ蘇ってくるのだという。

 伝説によれば・・・

 初代の鐘は、慶俊僧都が鋳させたもので、慶俊は「三年間地中に埋めておくように」と伝えて唐へ渡っていった。

 しかし、寺僧たちは我慢できず一年半で掘り出してしまう。

 唐にいた慶俊は、ある時、東方より響き渡る鐘の音を聞いた。

 それは紛れもなく慶俊が鋳させた鐘の音だった。

 その時慶俊は「三年埋めておけば撞かずに鳴ったものを・・・」と嘆じたという。


六道珍皇寺閻魔堂
閻魔堂(篁堂)

 弘法大師像、小野篁が彫ったという閻魔大王像、等身大の鬼を従えた小野篁像などが安置されている。


冥途通いの井戸
冥途通いの井戸

 小野篁は、この井戸から冥界へ行って(死の六道)、嵯峨にあったという福生寺の井戸から帰ってきたという(生の六道)。






〜幽霊子育飴の伝説〜

幽霊子育飴
リンクボタン幽霊子育飴

 幽霊子育飴には、若い女が死んだあとに墓の中で出産し、生まれた子を育てるために夜な夜な飴を買いに来たという伝説が残されている。
 
 六道の辻の西福寺の辻向かいには、今でも「幽霊子育飴」を売る店がある。






六道珍皇寺
六道珍皇寺

京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595

京阪電車「東山五条」下車 徒歩20分 
京都市バス「清水道バス停」下車 徒歩5分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり