奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:化野念仏寺
〜西院の河原〜

編集:yoritomo-japan.com







化野念仏寺西院の河原


 化野(あだしの)念仏寺は、811年(弘仁2年)、弘法大師(空海)が五智山如来寺を開いて、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したことに始まると伝えられる。

 その後、法然が念仏道場を開き、名も念仏寺と改められた。

 正式名称は華西山東漸院化野念仏寺。

 境内の8000体を数える石仏・石塔は、1903年(明治36年)頃に山野に散乱埋没していた無縁仏を集めたもので、釈尊宝塔説法を聴く人々になぞらえて配列されているという。



化野念仏寺本堂
本堂

化野念仏寺庫裡
庫裡
(寺務所)


 現在の本堂と庫裡は、1712年(正徳2年)、寂道によって再建されたもの。

 本尊は湛慶作と伝えられる阿弥陀如来。


化野念仏寺本尊
本尊阿弥陀如来



〜西院の河原〜

 空也の地蔵和讃にある嬰児が一つ二つと石を積み上げた「賽の河原」と同じように見えることから、この場所は「西院(さい)の河原」と呼ばれるようになった。

 化野(あだしの)は埋葬の地。

 平安時代は風葬が一般的だったが、運慶が土葬の習慣を伝え、石仏を奉るようになったのだという。

 地蔵盆の夕刻より、無縁仏にローソクを供える「千灯供養」が行われる。


化野念仏寺西院の河原



化野念仏寺水子地蔵
水子地蔵
化野念仏寺延命地蔵尊
延命地蔵

化野念仏寺梵鐘
梵鐘

化野念仏寺竹林の小径
竹の小径
化野念仏寺六面六体地蔵
六面六体地蔵



六道珍皇寺
リンクボタン六道珍皇寺


 東山の六道の辻は、鳥辺野(とりべの)という埋葬地の入り口だったことから付けられた呼び名。

 平安時代は、野ざらしにされる死体が多かったことから、化野、蓮台野(れんだいの)、鳥辺野、華頂(かちょう)、西院(さいいん)が埋葬地として制定された。

 埋葬地を制定したのは小野篁。

 小野篁は、六道珍皇寺の井戸から冥界へ行って(死の六道)、嵯峨にあったという福生寺の井戸から帰ってきたという(生の六道)。







化野念仏寺
化野念仏寺

京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車
京福電鉄「嵐山駅」下車



洛西エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時