奈良・京都

八坂神社八坂神社本殿が国宝に。  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

延暦寺の元三大師堂

編集:yoritomo-japan.com







延暦寺四季講堂


 元三大師堂は、第18代天台座主・慈恵大師良源(元三大師)の住坊跡。

 本尊は元三大師画像。

 967年(康保4年)、村上天皇の勅命によって四季に法華経が論議されるようになってから「四季講堂」とも呼ばれるようになった。

 慈恵大師が元三大師と通称されるのは、命日の正月の3日に由来する。


延暦寺四季講堂
旧恵雲院
延暦寺四季講堂
鶏足院灌室

 旧恵雲院と鶏足院灌室は、向かい合っていることから、「向い堂」とも呼ばれる。



角大師
角大師

 疫病に苦しむ人々を救うため禅定に入り、骨ばかりになって鬼の姿になった元三大師を弟子の明普阿闍梨が写しとったもの。

 その絵を見た元三大師は、お札(護符)にして配らせ病魔を退散させたのだと伝えられている。

 お札は「角大師」(つのだいし)と呼ばれ、あらゆる病気の平癒と厄難の消除に御利益があることで、天台宗関東総本山の寛永寺や川越大師と呼ばれる喜多院などで授与され、全国的に崇められている。


おみくじ発祥の地
おみくじの発祥の地

 元三大師堂は、おみくじの発祥の地としても知られている。

 現在のおみくじの形は、元三大師が考え出したものとされ、観音菩薩から授かった言葉が原点なのだという。

 元三大師堂のおみくじは、自身で引くのではなく、悩み事を紙に記し、読経の後、僧侶によっておみくじが引かれ、それが読み解かれるというもの。







比叡山横川
リンクボタン比叡山横川

 比叡山山内は東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)という地域があり、そこにある堂塔の総称を延暦寺という。


延暦寺
リンクボタン延暦寺

 延暦寺は天台宗の総本山。



比叡山延暦寺
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり