中世歴史めぐり

紫式部 鎌倉の桜



北条実時の墓
〜横浜市金沢区:称名寺〜


編集:yoritomo-japan.com








北条実時の墓


 北条実時は、金沢北条氏の祖。

 父は北条実泰(二代執権・北条義時の子)。

 金沢(かねさわ)実時とも呼ばれる。

 四代執権北条経時、五代執権北条時頼の側近として政務に加わり、引付衆評定衆などの要職を歴任した。

 八代執権北条時宗を補佐し、安達泰盛とともに越訴奉行も務めた。

 「文永の役」後引退し、六浦荘金沢に移り住み、蔵書を集めた「金沢文庫」を創設している。



金沢北条氏一族墓

 北条実時墓の左右に並ぶ五輪塔は金沢北条一族の墓といわれている。





北条実時像
北条実時像

 1258年(正嘉2年)5月、北条実時は紫式部『源氏物語』を写した「河内本」の原本を借りて書写させている。

 それが尾張徳川家に伝えられた「尾州家本源氏物語」なのだとか。


リンクボタン北条実時と源氏物語〜尾張徳川家に伝えられた源氏物語〜



若宮大路幕府跡
リンクボタン若宮大路幕府

 当時の鎌倉幕府の将軍は宗尊親王

 宗尊親王の御所(若宮大路幕府)の屏風には、色紙形の源氏絵が作られて貼られていたらしい。










称名寺
リンクボタン称名寺

 称名寺は、金沢北条氏の祖北条実時が建てた持仏堂がはじまりとされ学問所として栄えた。
 塔頭光明院「大威徳明王像」運慶の真作。


横浜市金沢区金沢町212−1

京浜急行金沢文庫駅下車徒歩15分。





中世歴史めぐり


60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮



紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部