鎌倉手帳(寺社散策)

渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」  サクラあたみ桜  菜の花と富士:二宮町吾妻山吾妻山の菜の花

引付の設置
〜北条時頼の政策〜

編集:yoritomo-japan.com







 1249年(建長元年)、五代執権北条時頼は、評定衆の下に「引付」(ひきつけ)を設置した。

 「引付」とは、御家人の所領争いの裁判の迅速化を図るためのもので、頭人・引付衆・引付奉行で組織されたもの。

 この制度の導入によって、御家人の訴訟は、まず引付会議にかけられ、その後、評定会議にかけられた。

 直接審理の引付会議と間接審理の評定会議の組み合わせで、判決の公正と迅速化がはかられることとなる。


北条時頼
リンクボタン北条時頼坐像
(建長寺)


北条泰時の政治・・・連署と評定衆の設置(okadoのブログ)







リンクボタン鎌倉幕府の政策(北条氏の政治)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)