鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

大威徳明王
称名寺塔頭光明院


編集:yoritomo-japan.com







称名寺大威徳明王


 称名寺の塔頭光明院の大威徳明王は、1216年(建保4年)、最晩年の運慶によって造立された貴重な仏像。

 もとは、大日如来と愛染明王とともに三尊を構成していたが、今はこの像のみが残されている。

 発願者は、源実朝の養育係だった大弐局だということが判明している。


大弐局は、甲斐源氏の加賀美遠光の娘で、二代将軍源頼家、三代将軍源実朝の養育係を務めた。


運慶〜鎌倉の武家政権と仏師運慶〜(okadoのブログ)






称名寺
リンクボタン称名寺

 称名寺は、金沢北条氏の祖北条実時が建てた持仏堂がはじまりとされ学問所として栄えた。
 塔頭光明院「大威徳明王像」運慶の真作。


横浜市金沢区金沢町212−1

京浜急行金沢文庫駅下車徒歩15分。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)