奈良・京都

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



京都:平安神宮

編集:yoritomo-japan.com








平安神宮
應天門


 平安神宮は、1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して創建された。

 平安宮(大内裏)の政庁(朝堂院)が8分の5の規模で復元されたもので、平安遷都を行った桓武天皇と、平安京の最後の天皇となった孝明天皇が祀られている。

 1976年(昭和51年)、放火によって本殿・内拝殿など9棟が焼失したが、3年後には再建されている。

 2010年(平成22年)、大極殿など6棟が国の重要文化財に指定された。

 本殿後方から東西に広がる神苑は、小川治兵衛が作庭した池泉回遊式庭園で国の名勝に指定されている。



平安神宮
大極殿
(拝殿)


「左近の桜」と「右近の橘」

 大極殿前に植えられている「桜」と「橘」。

 京都御所紫宸殿の南庭にも東に桜、西に橘が植えられ「左近の桜」、「右近の橘」と呼ばれている。

 それぞれの近くに左近衛と右近衛が配陣したためそう呼ばれるようになった。

 御室御所と呼ばれた仁和寺宸殿前や嵯峨御所と呼ばれた大覚寺の宸殿前などにも「左近の桜」、「右近の橘」が植えられている。



平安神宮
白虎楼


平安神宮
蒼龍楼


平安神宮額殿
額殿


平安神宮神楽殿
蒼龍楼



平安神宮の神苑
リンクボタン神苑

 神苑は、国の名勝指定を受けている回遊式池泉庭園。









〜平安京朱雀大路の羅城門と朱雀門〜

羅城門
リンクボタン羅城門
朱雀門跡
リンクボタン朱雀門跡


 794年(延暦13年)、桓武天皇が遷都した頃の平安京は・・・

 南の入口に羅城門

 その東西には王城鎮護の東寺西寺が建てられた。

 羅城門から北へ延びていたのがメインストリートの朱雀大路。

  その北端には大内裏の正門・朱雀門、朱雀門を入ると平安宮(大内裏)があった。



〜平安京の王城鎮護の寺〜

東寺
リンクボタン東寺
西寺跡
リンクボタン西寺跡



〜平安宮の跡〜

大極殿跡
リンクボタン平安宮朝堂院大極殿跡
(大内裏跡)

 平安宮には、中央に朝堂院、その北東に内裏があり、それらを囲むように二官八省をはじめとする役所が建ち並んでいた。





〜現在の京都御所〜

京都御所
リンクボタン京都御所

 現在の京都御所は、里内裏の一つだった土御門東洞院殿の地。

 南北朝期に北朝の内裏となり、明治天皇の東京行幸まで続いた。


紫宸殿
リンクボタン紫宸殿
清涼殿
リンクボタン清涼殿





時代祭
リンクボタン時代祭

 京都三大祭の一つ時代祭は、平安神宮の大祭。

 京都御所の建礼門院前をスタートした行列が平安神宮を目指す時代絵巻。









平安神宮
平安神宮

京都市左京区岡崎西天王町

・京阪鴨東線 神宮丸太町駅から徒歩約15分
・京都市営地下鉄東西線 東山駅から徒歩約10分)・京都市営バス 「京都会館・美術館前」(5・32・46・急行100系統)下車、約3分。



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時