奈良・京都

京都:平安神宮

編集:yoritomo-japan.com







平安神宮
應天門


 平安神宮は、1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して創建された。

 平安京の大内裏の正庁が8分の5の規模で復元されたもので、平安遷都を行った桓武天皇と、平安京の最後の天皇となった孝明天皇が祀られている。

 1976年(昭和51年)、放火によって本殿・内拝殿など9棟が焼失したが、3年後には再建されている。  
 2010年(平成22年)、大極殿など6棟が国の重要文化財に指定された。

 本殿後方から東西に広がる神苑は、小川治兵衛が作庭した池泉回遊式庭園で国の名勝に指定されている。


平安神宮
大極殿
(拝殿)


平安神宮
白虎楼
平安神宮
蒼龍楼

平安神宮額殿
額殿
平安神宮神楽殿
蒼龍楼


「左近の桜」と「右近の橘」

 大極殿前に植えられている「桜」と「橘」。

 京都御所の紫宸殿の南庭にも東に桜、西に橘が植えられ「左近の桜」、「右近の橘」と呼ばれている。

 それぞれの近くに左近衛と右近衛が配陣したためそう呼ばれるようになった。

 御室御所と呼ばれた仁和寺宸殿前や嵯峨御所と呼ばれた大覚寺の宸殿前などにも「左近の桜」、「右近の橘」が植えられている。


平安神宮の神苑
リンクボタン神苑

 国の名勝指定を受けている回遊式池泉庭園。







〜平安京朱雀大路の羅城門と朱雀門〜

羅城門
リンクボタン羅城門
朱雀門跡
リンクボタン朱雀門跡


〜平安京の王城鎮護の寺〜

東寺
リンクボタン東寺
西寺跡
リンクボタン西寺跡





平安神宮
平安神宮

京都市左京区岡崎西天王町

・京阪鴨東線 神宮丸太町駅から徒歩約15分
・京都市営地下鉄東西線 東山駅から徒歩約10分)・京都市営バス 「京都会館・美術館前」(5・32・46・急行100系統)下車、約3分。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり