鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝の乳母
山 内 尼


編集:yoritomo-japan.com







 源頼朝の乳母を務めた山内尼は、鎌倉郡山内庄の山内首藤俊通の妻。

 山内首藤氏は、藤原秀郷の後裔といわれ、資清の代で「首藤」を名乗る。

 その後、孫の俊通が相模国鎌倉郡山内荘を領して「山内」を名乗り、「山内首藤氏」と呼ばれるようになった。

 「首藤」という氏は、資清が「主馬首」(しゅめのかみ)という役職にあったため、「主馬首」の「首」と、「藤原」の「藤」に由来しているといわれている。

 首藤氏は、代々河内源氏に仕え、俊通は源義朝に仕えていたが、1159年(平治元年)の平治の乱で子俊綱とともに討死した。


明月院のアジサイ
リンクボタン明月院

 北鎌倉の明月院は、首藤俊通の菩提を弔うために耐えられた明月庵を前身とする。



〜子の経俊を救った山内尼〜

 1180年(治承4年)7月、源頼朝挙兵に際して、山内尼の子経俊に加勢を要請するが、経俊は大庭景親に味方し、石橋山の戦いで頼朝に弓を引いてしまう。

 その後、経俊は山内荘を没収され、身柄を土肥実平に預けられていたが、11月26日、頼朝は経俊を斬罪に処すよう命ずる。

 しかし、山内尼が頼朝に助命を願ったことで許されたのだと伝えられている。

リンクボタン母の哀訴に救われた山内経俊







〜頼朝の乳付の乳母〜

『吾妻鏡』治承5年(1181)閏2月7日条によると・・・

 源頼朝が誕生したときに乳付(授乳)した乳母は、尼となって摩々(まま)と呼ばれ、相摸国の早河庄に住んでいた。

 この日、頼朝は摩々の屋敷・田畑を安堵するよう地頭に命じ、同年11月29日には早河庄の年貢を免除している。


〜頼朝の父義朝の乳母も摩々〜

 『吾妻鏡』には、摩々という乳母がもう一人登場する。

 文治3年(1187年)6月13日条によると、頼朝のもとに父義朝の乳母が訪ね、平治の乱後、京都から相模国の早河庄へ下り、庄内の田七町を耕してきた事を語っている。

 この時、頼朝は、その土地を領有して支配することを許している。

 この義朝の乳母は、建久3年(1192年)2月5日条にも登場し、摩々局と呼ばれている。

 この時の年齢が92歳。

 頼朝に「望みがあれば何でも叶えよう」と尋ねると、摩々局は、早河庄内の課役免除を総領に命じてくれるよう願い、頼朝は三町の土地を加えた上で、平盛時を呼んで土肥遠平に課役免除を命ずるよう伝えている。

 さて・・・

 頼朝の乳母と義朝の乳母が同じ名で、同じ場所に住んでいるということは、同一人物なのか?

 別人だとすると親子か親族なのか・・・

 もし、同一人物だとすると・・・

 頼朝が生まれたのは1147年。

 摩々は1192年で92歳。

 ということは、47歳のときに乳付したということになるが、年齢からすると少々無理がある。

 乳付には授乳という意味だけでなく「授乳できるようにすること」という意味もあるのだともいわれるが、『吾妻鏡』には、頼朝に乳付した乳母は青女と記されている。

 青女は若い女性のことを意味しているようなので、47歳の女性に使う言葉ではないようだ。


〜頼朝の乳母摩々は山内尼か?〜

  頼朝に授乳したという摩々については、山内尼と同一人物という説がある。

 山内尼は、摩々が登場する前年の11月26日に『吾妻鏡』に登場し、石橋山で頼朝に敵対して捕らえられた息子・山内経俊の助命を願っている。

 経俊は、頼朝に敵対したことで山内荘を没収され、身柄は土肥実平に預けられていた。

 土肥実平は、土肥郷を本拠として早河庄も統治していたので、山内尼が早河庄に住んでいたことがあってもおかしくないのかもしれない。

 ただ、山内尼と摩々が同一人物であるなら、何故『吾妻鏡』で呼び方が違うのか・・・

 乳母のことを「まま」と呼ぶこともあったようだが・・・

 頼朝の乳母の摩々と義朝の乳母の摩々は別人で、頼朝の乳母の摩々と山内尼が同一人物だとすると・・・

 義朝の乳母の摩々と山内尼の関係はどうなのか。

 親子ということも考えられるが、義朝の乳母の摩々は、『吾妻鏡』では、1159年(平治元年)の平治の乱後、京都から相模国の早河庄へ下ってきたと語っている。

 山内尼は、鎌倉郡山内荘を領した山内俊通の妻なので、1180年(治承4年)に息子の経俊が頼朝の挙兵に敵対するまでは、山内荘で暮らしていたものと思われるが、その後、同じ早河庄で生活していたのだろうか・・・。


北鎌倉山ノ内
リンクボタン山内荘と北条氏







源頼朝の挙兵

源頼朝配流地

歴史めぐり源頼朝






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)