鎌倉手帳(寺社散策)

佐奈田与一義忠と文三
〜石橋山の戦い〜


編集:yoritomo-japan.com







石橋山古戦場


 1180年(治承4年)8月17日、源氏再興の挙兵をして相模国へと進軍した源頼朝

 8月23日には石橋山に布陣。

 先陣を命じられたのは佐奈田与一義忠。

 頼朝から「大庭景親俣野景久を討って手柄をたてよ」の言われた与一は、郎党の文三とともに壮絶な死を遂げます。



〜先陣を切った与一と文三〜

 『源平盛衰記』によると・・・

 与一は、「三浦義明の弟岡崎義実の嫡子佐奈田与一義忠、生年25、我と思わん者は組めや」

 と叫ぶと15騎ばかりで駆け出した。

 一方の平家方は、大庭景親、その弟俣野景久長尾定景曽我祐信、山内経俊、稲毛重成熊谷直実ら73騎。

 豪雨の中、まず与一に近づいてきたのは岡部弥次郎。

 俣野景久と思った与一は、組み伏せて首を討つが、景久ではなかったため首を谷間に投げ捨て前進を続ける。

 そして、目当ての景久と出会った与一。

 組み打ちを始めるが、2人ともに馬から落ち、上になり下になりの乱闘が続き、やっとのことで景久を組み伏せた与一だったが、首を取るため刀を抜こうとしても岡部の首を斬ったときの血糊で鞘が抜けない。

 そうこうしているうちに景久の従弟の長尾定景に討たれてしまったのだという。

 そのころ文三は、谷一つ隔てた峰で戦っていたが、稲毛重成に与一が討たれたことを知らされる。

 重成は文三を助けてやろうと「逃げよ」と声をかけるが、文三は敵方に斬り込んで屈強の兵8人を斬り倒した後、討たれたのだという。


佐奈田霊社
リンクボタン佐奈田霊社
文三堂
リンクボタン文三堂

 石橋山古戦場には、義忠を祀る佐奈田霊社と郎党文三を祀る文三堂が建てられている。

 1190年(文治6年)正月20日、源頼朝二所詣の帰りに石橋山に立ち寄り、義忠と文三の墓を見て涙を流したのだという。


真田尊
リンクボタン天徳寺真田尊
(平塚市)
證菩提寺
リンクボタン証菩提寺
(横浜市)

 天徳寺(真田尊)は、真田城址に建てられた曹洞宗の古刹。

 証菩提寺は、源頼朝が義忠(与一)の菩提を弔うために建てたという寺院。







源頼朝挙兵

歴史めぐり源頼朝



石橋山古戦場
リンクボタン石橋山古戦場

 石橋山の戦いで敗れた源頼朝は、山中に逃れた後、真鶴から安房へ船出した(参考:源頼朝船出の浜 源頼朝上陸地)。









伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
献詠披講式 桜の開花・見頃情報
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜