鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉のハス

編集:yoritomo-japan.com







鶴岡八幡宮のハス


 「ハス」は「レンゲ」とも呼ばれ、仏教に関係の深い花です。

 仏教発祥インドの国花。

 鎌倉で知られているのは、鶴岡八幡宮源平池のハスです。

 かつては、源氏池に白ハスが、平家池に紅ハスが植えられていました。

 光明寺では「錦蕊蓮」(きんずいれん)と古代ハスが記主庭園に植えられています。

 その他、光則寺本覚寺大巧寺などでも観ることができます。


鶴岡八幡宮のハス
リンクボタン鶴岡八幡宮のハス

光明寺のハス
リンクボタン光明寺のハス


光明寺観蓮会
リンクボタン観蓮会
(光明寺)



〜藤原泰衡の首と中尊寺ハス〜

 1950年(昭和25年)、平泉中尊寺金色堂の開棺調査で、源頼朝に滅ぼされた藤原泰衡の首桶から100個あまりのハスの実が発見され、1993年(平成5年)、その実の発芽に成功。

 1998年(平成10年)に開花して「中尊寺ハス」と名付けられました。

 その中尊寺ハスが、2019年(平成31年)4月、源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼしたという過去を超え、友好の証として鎌倉市に5株が寄贈されました。

 鎌倉歴史文化交流館で栽培された後、2021年(令和3年)から永福寺跡に置かれています。


中尊寺ハス
リンクボタン中尊寺ハス
(永福寺跡)



長谷寺のハス
リンクボタン長谷寺
光則寺のハス
リンクボタン光則寺

本覚寺のハス
リンクボタン本覚寺


常花(じょうか)・・・okadoのブログ







鎌倉:夏の花・景色


okadoのブログ
鎌倉:花情報



鎌倉で見つけた花


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)