中世歴史めぐり

中尊寺・大池跡
〜平泉〜

編集:yoritomo-japan.com







中尊寺大池跡


 中尊寺の大池跡は、藤原清衡の「中尊寺建立供養願文」に伝えられている寺院があった場所と考えられている。

 池に面した本堂と、そこから延びる左右の廊下の先端には経蔵と鐘楼が設けられ、3基の三重塔が建てられていたという。

 2001年(平成13年)の発掘調査では、奥州藤原氏三代秀衡の時代の堆積土中よりハスの実が出土し、2005年(平成17年)に開花に成功し「大池ハス」と名付けられた。



〜藤原泰衡の首と中尊寺ハス〜

 1950年(昭和25年)の金色堂の開棺調査で、泰衡の首桶から100個あまりのハスの実が発見され、1995年(平成7年)、発芽に成功し、2000年(平成12年)に開花に至り、「中尊寺ハス」と名付けられた。

 1189年(文治5年)の泰衡の死から800年以上も眠り続けて目覚めたハスは、7月中旬から8月中旬に見頃となる。

 2019年(平成31年)4月、源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼしたという過去を超え、友好の証として鎌倉市に5株が寄贈されている。


中尊寺ハス


奥州征伐

吾妻鏡が伝える奥州平泉の中尊寺(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝



中尊寺本堂
リンクボタン中尊寺

 中尊寺は奥州藤原氏の栄華を伝える寺院。
 2011年(平成23年)、「平泉〜仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群〜」として世界文化遺産に登録されている。


岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

JR平泉駅から徒歩25分程度



奥州平泉
リンクボタン奥州藤原氏の栄華〜平泉〜



中世歴史めぐり