鎌倉手帳(寺社散策)

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

正 統 院
〜建長寺塔頭〜

編集:yoritomo-japan.com







建長寺正統院


 正統院(しょうとういん)は、第十四世高峰顕日(こうほうけんにち)の塔所。

 本尊は文殊菩薩。

 もとは浄智寺にあったが、夢窓疎石によって建長寺無学祖元の塔所として建てられた正続院跡に移された(正続院円覚寺に移されている。)。

 高峰顕日は後嵯峨天皇の皇子といわれ、鎌倉では第二世兀菴普寧(ごったんふねい)に学び、無学祖元の法を嗣ぎ法衣と法語を授かったといわれている。

 浄妙寺浄智寺を経て建長寺に住した。

 和歌にも秀で冷泉為相とも交流をもち、「仏国禅師和歌集」を残している。

 木造高峰顕日坐像(重要文化財)は、肖像彫刻(頂相彫刻)の傑作。


〜円覚寺洪鐘の伝説〜

 円覚寺の開山塔正続院には、開山無学祖元が来日する際に、舟を守護していた竜が宿したという「宿竜池」と呼ばれる池があったのだとか。

 『新編相模国風土記稿』によると、円覚寺洪鐘はその池の底から金銅を得て鋳造されたものと伝えられている。

 ただ、洪鐘鋳造の年代からすると、宿竜池があったのは、かつて建長寺にあった無学祖元の塔所なのかもしれない。


60年に一度の洪鐘祭
洪鐘祭:円覚寺弁財天祭礼

 洪鐘祭は、2020年10月17日・18日に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期となりました。



 禅宗では、高僧の塔があるところを塔頭という。
 建長寺塔頭は、その繁栄時には49院を数えたが、現在は12の塔頭が残っている。


リンクボタン建長寺の塔頭






鎌倉五山

北条氏をめぐる鎌倉
(北条氏ゆかりの寺社・史跡)



建長寺
リンクボタン建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時