鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の桜。今年は過去の画像で楽しむ!  鎌倉:新型コロナウィルス関連情報

冷泉為相の宝篋印塔
〜鎌倉:浄光明寺〜


編集:yoritomo-japan.com







冷泉為相の墓


 浄光明寺の裏山に置かれている安山岩製の宝篋印塔は、冷泉為相のもので、徳川光圀が建てたものと伝えられている。

 ただし、その様式とからすると南北朝時代の造立と考えられるという。

 冷泉為相は、『十六夜日記』で知られる阿仏尼の息子で、『新古今和歌集』の撰者として知られる藤原定家の孫。

 為相と異母兄の相続争いで、為相の正当性を訴えるために鎌倉を訪れていた母阿仏尼のあとを慕って鎌倉に下ったとされる。





藤谷黄門
藤谷黄門遺跡の碑

 山門前に建てられている石碑には「藤谷黄門遺跡」と刻まれている。

 鎌倉へ下った冷泉為相は、藤ヶ谷に住まいし、多くの歌を詠み、「藤谷和歌集」を編んだ。

 そのため、「藤谷殿」又は「藤谷黄門」と呼ばれていたという。

 黄門とは中納言の唐名。

 為相は正二位権中納言。

 1328年(嘉暦3年)、鎌倉で没したという。


浄光明寺
冷泉為相卿旧跡碑
冷泉為相墓
冷泉為相墓から



〜為相の母阿仏尼の旧蹟〜

阿仏尼邸跡
リンクボタン阿仏尼邸跡
(極楽寺)
阿仏尼の墓
リンクボタン阿仏尼墓
(扇ヶ谷)


リンクボタン浄光明寺の裏山散策



『頬焼阿弥陀縁起』の筆者か?

 徳川光圀が編纂させた『新編鎌倉志』によると・・・

 十二所の光触寺に残されている『頬焼阿弥陀縁起』の作者は、藤原為相とされている。


武家の古都・鎌倉






浄光明寺
リンクボタン浄光明寺

 浄光明寺は、1251年(建長3年)、北条長時(のちの六代執権)によって再興された真言宗の寺。
 足利尊氏直義兄弟にゆかりのある寺でもある。


鎌倉市扇ガ谷2−12−1
0467(22)1359

鎌倉駅西口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉桜情報 開花・見頃情報
桜の開花・見頃情報

鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時