鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



必中必殺の源為朝の矢を受けて生き残ったのは大庭景義ただ一人!

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると・・・

 1191年(建久2年)8月1日、新築の御所では、大庭景義が酒肴を献上し、宴会が催された。

 同席者は、足利義兼千葉常胤小山朝政三浦義澄畠山重忠八田知家、工藤景光、土屋宗遠、梶原景時、梶原朝景、比企能員岡崎義実佐々木盛綱ら。

 宴会の席で景義は、頼朝の命により、保元の乱での逸話を語っている。

 「勇士が用意すべきものは武具である。

 中でも、弓の長さは重要である。

 鎮西八郎為朝(源為朝)は、わが国で並ぶ者のいない弓の名人だったが、弓が身丈に対して長すぎたのかもしれない。

 保元の乱の際、景義は、大炊御門河原で為朝に出会い、絶体絶命の状況になった。

 そのとき、密かに思ったことは、

 「為朝は鎮西の武将だから、乗馬しているときの弓はそれほどでもないのではないか」

 ということ。

 一方、景義は東国で乗馬に慣れている。

 景義が為朝の右にすばやく廻ると、為朝はとっさに後ろを振り返るが、身丈よりも大きい弓を使っていたため、弓が下がり、放った矢は体ではなく膝に当たった。

 もし、右に廻る作戦をとらなければ、命を落としていただろう。

 若い者たちは

 「勇士は乗馬の達人であるべきこと」

 を耳の底に留めておかねばならない」

 この話を聞いていた同席者は皆感心し、頼朝からはお褒めの言葉を頂いたのだとか・・・







六角ノ井
リンクボタン六角ノ井
(鎌倉)

 鎌倉十井の一つ六角ノ井は、源為朝が配流地の伊豆大島から光明寺裏山の天照山目掛けて放った矢が落ちたという伝説の井戸。

 為朝は、源為義の八男。

 源義朝の弟、源頼朝の叔父。


大庭景能像
リンクボタン大庭景義像
(茅ヶ崎市:神明大神宮)

 大庭景義は、相模国の大庭御厨の懐島郷(現在の茅ヶ崎市)を本拠とした武将。

 1156年(保元元年)の保元の乱で、源為朝の矢を受けて負傷し、家督を弟の景親に譲って懐島郷に隠棲したのだという。

 1180年(治承4年)の頼朝の挙兵時には、弟の景親景久は平家方に付いたが、景義は頼朝に味方した。

 神明大神宮は、景義が館の鬼門に伊勢神宮を勧請して建立した社。







歴史めぐり源頼朝



神明大神宮
リンクボタン神明大神宮

神奈川県茅ケ崎市円蔵2282

JR東海道線「茅ヶ崎駅」から徒歩30分
JR相模線「北茅ヶ崎駅」から徒歩20分
茅ヶ崎駅からバス「円蔵」下車すぐ


源頼朝をめぐる茅ヶ崎



源頼朝をめぐる・・・茅ヶ崎MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時