鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

釈迦堂切通
〜鎌倉の古道〜


編集:yoritomo-japan.com







釈迦堂切通


 釈迦堂切通は、二代執権北条義時を弔うための釈迦堂があったことからつけられた名。

 ただ、釈迦堂があった正確な場所は不明。

 鎌倉内(釈迦堂ヶ谷と大町、名越を結ぶ。)の切通であるため、鎌倉七口には数えられていない。


釈迦堂切通
洞門
釈迦堂切通
洞門


釈迦堂切通のある谷は「しゃかんど」と呼ばれている。





 洞門上の尾根道には、納骨堂の丸い穴を日輪に、さらに二重に彫られた穴を月輪にたとえて名がつけられた「日月やぐら」や、源頼朝の伝説が残された「唐糸やぐら」がある。

日月やぐら
リンクボタン日月やぐら
唐糸やぐら
リンクボタン唐糸やぐら

 釈迦堂切通の近くには、初代執権北条時政の名越亭(北条時政邸跡)もあったとされてきたが、発掘調査の結果、間違いであったことが確認されている。



☆伝説!唐糸草子☆

 源頼朝の従兄弟である木曽義仲は、頼朝の様子をうかがうため、琵琶と琴の名手である唐糸(義仲の家臣手塚太郎光盛の娘)を鎌倉へ送り込んだ。

 唐糸は、頼朝が義仲を討とうとしていることを知ると、頼朝を暗殺しようとした。

 しかし、頼朝にその企てを覚られ、釈迦堂近くの「やぐら」に幽閉されてしまう。

 それを救ったのが唐糸の娘の万寿姫で、姫は頼朝に仕えると鶴岡八幡宮に奉納する舞の舞姫に選ばれ、その舞が頼朝に気に入られた。

 頼朝の「何でも望みのものをやる。」との言葉に、「母親を助けてほしい」と頼んだそうである。頼朝は驚いたが、その願いを聞き入れたという。


源義仲と源頼朝(okadoのブログ)



〜釈迦堂と釈迦如来像〜

 三代執権北条泰時は、父義時(二代執権)の一周忌供養のため釈迦堂を建てた。

 釈迦堂の廃絶後、本尊だった清涼寺式釈迦如来立像は、杉本寺に移され、その後、東京目黒区の大円寺に移されたと伝えられている。

 「清涼寺式釈迦如来像」は、京都の清涼寺に伝わる「三国伝来の釈迦如来」を模刻したもの。

 「三国伝来の釈迦如来」は、東大寺の僧「然(ちょうねん)が宋より持ち帰った。


京都清凉寺
リンクボタン清涼寺


釈迦堂切通と大町釈迦堂口遺跡(okadoのブログ)



釈迦堂ヶ谷やぐら群

 北条義時釈迦堂のあった場所は、釈迦堂トンネルの西側にあったと考えられている。

 そこには、宝戒寺二世住持の普川国師入定窟を中心とする「釈迦堂ヶ谷やぐら群」が存在していたが、宅地造成によってほとんど破壊されてしまったらしい。

 やぐら群の発掘調査では、「元弘3年5月28日」の日付が刻まれた五輪塔の地輪が発見されている。

 この日は、新田義貞の鎌倉攻めによって東勝寺北条高時以下870名が自刃した日から、ちょうど初七日にあたることから、北条一族供養の五輪塔であるとされ、普川国師入定窟も北条一族の供養窟であったと考えられている。


元弘三年銘の五輪塔地輪
リンクボタン元弘三年銘の五輪塔地輪







釈迦堂切通
釈迦堂切通

鎌倉駅から金沢八景・大刀洗行・ハイランド循環バス
「杉本観音」下車徒歩10分

※現在は通行止めとなっています。


田楽辻子のみち
リンクボタン田楽辻子のみち

 「田楽辻子のみち」は、滑川に架かる大御堂橋の文覚上人屋敷跡から報国寺へ至る道。


鎌倉ハイキング
(古道・鎌倉七口・やぐらなど)



鎌倉:寺社・史跡めぐり
金沢街道沿い

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時