紫式部「光る君へ」


菊の着せ綿
源倫子からの贈り物
『紫式部日記』


編集:yoritomo-japan.com








このページの人形は、京都の風俗博物館のもの。



菊の着せ綿


 『紫式部日記」によると・・・

 1008年(寛弘5年)9月9日、すでに盛りを過ぎていた紫式部に「老いをぬぐい去る」という「菊の着せ綿」が藤原道長の北の方(源倫子)から贈られた。




紫式部
紫式部


 感激した紫式部

 「菊の露 わかゆばかりに 袖ふれて 花のあるじに 千代はゆづらむ」

 (この菊の露に私ごときはほんのちょっと若返る程度に袖をふれるだけにとどめまして、この露がもたらす千年もの歳は、花の持主であるあなた様にお譲り申しましょう)

 とお礼の歌を詠んだが・・・

 その時はすでに倫子が自分の部屋に帰ってしまったので「菊の着せ綿」は手元にとどめることにしたのだとか。




紫式部


 旧暦の9月9日は重陽の節句。

 平安時代には、宮中行事としての「重陽の節会」が恒例化。

 嵯峨天皇の時代には神泉苑で行われていたが、淳和天皇の時代には紫宸殿で行われるようになったのだという。

 菊の花の盛りの時なので、菊の花を観賞したり、菊酒を飲んだりしたため「菊花の宴」とも呼ばれた。

 重陽の節会では・・・

 天皇が紫宸殿に出御し、前庭で文人たちが漢詩を作り、人々に菊酒が下賜され、宴が模様された。

 天皇が出御しない場合は宜陽殿で菊酒が下賜されていたらしい。

 ただ、1008年(寛弘5年)の重陽の節会は中宮・藤原彰子の出産が間近だったため行われなかった。



リンクボタン風俗博物館~道長の栄華・彰子に仕えた紫式部・源氏物語~




平安宮 内裏 紫宸殿跡
リンクボタン紫宸殿跡
(平安宮)
紫宸殿
リンクボタン紫宸殿
(京都御所)


 平安時代に「重陽の節会」が行われていたのは平安宮紫宸殿

 京都御所紫宸殿は、1855年(安政2年)に平安時代の建築様式で造営。





京都御苑:土御門第跡
リンクボタン土御門殿跡
(京都御苑)

 土御門殿は、彰子の父・藤原道長の邸宅。

 1008年(寛弘5年)7月16日、お産のため土御門殿に里下がりした一条天皇の中宮・藤原彰子は、9月11日正午、無事に皇子を出産(のちの後一条天皇)。



リンクボタン藤原彰子の皇子出産と紫式部と源氏物語~『紫式部日記』~

リンクボタン紫式部は「源倫子にも仕えていた」という説

リンクボタン紫式部の歌~一重山吹を贈ってもらったときの歌~




紫式部の歌










紫式部


紫式部と越前国


源氏物語 光源氏


琵琶湖で紫式部・源氏物語 平安宮~源氏物語ゆかりの地~


源氏物語~須磨・明石~ 宇治十帖~紫式部『源氏物語』~


紫式部年表



藤原道長


藤原彰子



紫式部・源氏物語・光源氏ゆかりの地めぐり~光る君へ~



葵祭

祇園祭

時代祭




紫式部・源氏物語・光る君へ
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。