奈良・京都

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



歴代天台座主の墓所
〜比叡山慈眼堂〜


編集:yoritomo-japan.com








慈眼堂:歴代天台座主の墓所


 天海の廟所・慈眼堂は、歴代天台座主の墓所でもある。

 墓所には、桓武天皇の御骨塔・後陽成天皇供養塔・後水尾天皇供養塔・徳川家康供養塔・新田義貞供養塔・清少納言供養塔・紫式部供養塔・和泉式部供養塔や13体の阿弥陀石仏がある。



慈眼大師塔
慈眼大師塔
(天海)


桓武天皇供養塔
桓武天皇供養塔


後陽成天皇供養塔
後陽成天皇供養塔

 隣接する滋賀院は、天海が後陽成天皇から法勝寺の建物を下賜されて建立した寺。


後水尾天皇供養塔
後水尾天皇供養塔

 滋賀院の名は後水尾天皇から賜った。


東照大権現供養塔
東照大権現供養塔
(徳川家康)

 徳川家康の神号は「東照大権現」。

 天海と「明神」を主張する金地院崇伝との論争の末、天海の「権現」が採用されたのだという。


新田義貞供養塔
新田義貞供養塔

 徳川家康は上野国新田荘を本拠した新田義重を先祖と称し、義重の三男義季は新田荘徳川郷を領して「徳川」を名乗ったことから徳川氏の祖といわれる。

 伝承によると、新田荘の徳川氏九代目の親氏は、室町期の戦乱で新田荘を追われて三河国松平郷に辿り着き、戦国大名松平氏の祖になったのだという。

 松平郷の松平東照宮は親氏創建の八幡宮が始まりとされ、高月院は松平氏の菩提寺となっている。

 そして、天海は新田荘の長楽寺に住持したことがある。

 新田義貞は新田氏本宗家の八代目棟梁。

 家康は松平氏の九代目棟梁。


清少納言供養塔
清少納言供養塔


紫式部供養塔
紫式部供養塔

 石山寺で『源氏物語』を書き始めたという紫式部は、船で琵琶湖を渡って坂本に来ていたのだという。


和泉式部供養塔
和泉式部供養塔


阿弥陀石仏
阿弥陀石仏

 高島市の鵜川四十八体石仏群のうちの十三体を移したもの。




東照宮


紫式部









延暦寺慈眼堂
リンクボタン慈眼堂

滋賀県大津市坂本4−6−1

湖西線「比叡山坂本駅」から徒歩20分
京阪石山坂本線「坂本比叡山口駅」から徒歩5分


延暦寺
リンクボタン延暦寺

 延暦寺は天台宗の総本山。



慈眼院・滋賀院門跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時