奈良・京都

紫式部 紫式部年表



清少納言歌碑
京都:泉涌寺

編集:yoritomo-japan.com








清少納言歌碑


 「夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」

 清少納言一条天皇の皇后宮・藤原定子に仕えた平安時代の女流作家。

 随筆『枕草子』で知られている。

 晩年は、定子が眠る鳥辺野近くの東山月輪に隠棲したのだという。

 藤原公任の『公任卿集』には、清少納言が東山月輪に返り住んだことが記され、公任は、

 「ありつゝも 雲間にすめる 月の輪を いく夜ながめて 行きかえるらむ」

 と詠んでいる。

 東山月輪には、清少納言の父・清原元輔の邸宅があったのだという。

 鎌倉時代になると、東山月輪には月輪大師によって泉涌寺が建てられている。




逢坂関
リンクボタン逢坂の関

 歌碑に刻まれている歌は、清少納言藤原行成がよこした文に対して詠んだもの。

 「夜が明けないうちに、鶏の鳴きまねをして門を開けさせようとしても、逢坂の関は開きません(あなたには逢いません)」

 ということらしい。


リンクボタン清少納言の歌〜夜をこめて…藤原行成との贈答歌・逢坂の関〜




一条天皇皇后定子 鳥戸野陵
リンクボタン鳥戸野陵

 鳥戸野陵は、藤原定子が葬られた地で、泉涌寺の北にある。



今熊野観音寺
リンクボタン今熊野観音寺

 清少納言の父・清原元輔の邸宅は、泉涌寺の塔頭・今熊野観音寺付近にあったといわれる。



清少納言社
リンクボタン清少納言社
(車折神社)

 清少納言と同族の清原頼業を祀る車折神社には、清少納言を祀る社が建てられている。










泉涌寺
リンクボタン泉涌寺

 泉涌寺は皇室の菩提所として、天台・浄土・律・禅兼学の道場として栄えた。
 御寺の名で知られている。


京都市東山区泉涌寺山内町27

JR奈良線「東福寺」駅から徒歩
総門まで15分、大門まで20分



洛南エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





紫式部 紫式部年表


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時