鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



女性問題で蟄居させられた北条義時の次男朝時

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると・・・

 1212年(建暦2年)5月7日、北条義時は、次男朝時(ともとき)を勘当し、駿河国富士郡へ下向させた。

 その理由は、女性の居室に忍び込むという問題を起こしたため。

  その女性とは、将軍源実朝の妻坊門姫の官女。

 佐渡守親康の娘で、前年に京都から下ってきていた。

 その美貌に夢中になった朝時は、恋文を渡すが承知されなかったため、深夜に居室へ忍び込んで誘い出したのだという。



〜朝時は正室姫の前の子〜

 北条朝時は、義時の正室姫の前が産んだ子。

 1193年(建久4年)誕生。

 北条泰時の異母弟。

 正室の長子であることから嫡男だったとも考えられるが・・・

 『吾妻鏡』には朝時誕生の記述はなく、そのころの記録では泰時が嫡男とされている。

 1206年(建永元年)10月24日に元服。

 次郎朝時と名乗る(源実朝から一字を賜ったらしい。)。


1203年(建仁3年)の比企能員の変後、義時と姫の前は離婚している。


リンクボタン小鹿を射止めた金剛(泰時)と矢口の祭り

リンクボタン北条泰時の元服式と正妻の矢部禅尼



〜蟄居から1年後に御家人復帰〜

 和田義盛の謀反が決定的となる中の1213年(建暦3年)4月29日、蟄居していた駿河国から鎌倉へ戻り、5月2日の和田合戦では泰時とともに御所での防御戦に力を尽くした。

 1221年(承久3年)の承久の乱では北陸道の大将軍として出陣している。

 1245年(寛元3年)4月6日死去(53歳)。



〜名越流北条氏の祖〜

 北条朝時は、祖父である北条時政の名越邸を継承したことから、名越朝時とも呼ばれる。

 時政は、朝時を後継者と考えていたという説があるようだが、朝時が名越邸を継承した理由や時期は不明。







二代執権北条義時

源頼朝配流地・北条氏発祥地


2022年のNHK大河ドラマは
鎌倉殿の13人

北条得宗家の所領だった北鎌倉
山内荘と北条氏

北条氏ゆかりの寺社・史跡
北条氏をめぐる鎌倉

源頼朝と北条氏ゆかりの地
源頼朝配流地・北条氏発祥地

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜


歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時