鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



飯山観音
〜飯上山長谷寺:厚木〜

編集:yoritomo-japan.com








飯山観音


 飯山観音の正式名称は「飯上山長谷寺(ちょうこくじ)」。

 高野山真言宗

 坂東観音巡礼第6番の札所として知られ「飯山観音」の名で親しまれている。

 725年(神亀2年)に行基によって開かれたとも、810〜824年の弘仁年間に弘法大師(空海)よって開かれたとも伝えられている。

 また、源頼朝が秋田城介義景(安達義景)に命じて堂宇を造営させたのが、この寺のはじまりとも伝えられている。

 本尊の十一面観音には、行基がクスノキで造ったという尊像が胎内に納められているという。

 1672年(寛文12年)、飯山村の大工西海氏によって造られた厚木市指定の文化財の「厨子」の中に安置されている。

 本尊開扉は、12月大晦日、1月1日〜3日、4月8日、11月3日。

 胎内の行基作の尊像は、白山山頂の白山神社に祀られていた十一面観音とも伝えられている。


飯山観音





〜安達義景造営の観音堂?〜

 伝承では、源頼朝が安達義景に命じて観音堂を建立させたとされているようだが・・・

 義景は頼朝に仕えた安達盛長の孫で、生れたのは頼朝の死後。

 ただ、麓の金剛寺には盛長のものと伝えられる五輪塔があり、位牌も残されていることから、観音堂造営に安達氏が関わった可能性はあるのかもしれない。


 現在の観音堂は、江戸時代の建立と考えられ、厚木市指定文化財。





安達盛長

 安達盛長は、源頼朝伊豆国蛭ヶ小島の流人だった頃からの側近。

 『新編相模国風土記稿』によると、建久年間、相模国愛甲郡三田村(厚木市三田)は、盛長の領地で屋敷もあったのだという。

 三田の八幡神社は、盛長が鶴岡八幡宮を勧請して再建したという社。



リンクボタン坂東三十三観音〜神奈川県の札所〜





飯山観音銅鐘
銅鐘
(神奈川県指定文化財)

 1442年(嘉吉2年)の銘文のある銅鐘で清原国光の作。

 国光は飯山の鋳物師。

 銘は建長寺145世の一華心林によるもの。

 銘文によると、

 「この年の春に新長谷寺が火災により焼失するが、人々の銅鐘鋳造の願いが強いことから、新堂宇の再建に先立って、麓の金剛寺の住職だったァ勝が寄付を集めて完成した銅鐘」

 という。


〜飯山の隠れ鐘〜

 時の住僧が例鳴を怠ったことから、銅鐘が一夜にして姿を消したという。

 のちに夢告によって地中から掘り出されたという伝説から、「飯山の隠れ鐘」と呼ばれている。





飯山観音仁王門
仁王門

 仁王門と金剛力士像は1709年(宝永6年)、飯山村の安在金左衛門の建立寄進と伝えられている。


仁王像 飯山観音仁王像





飯山観音イヌマキ
イヌマキ

 室町時代に多くの巡礼者や参拝者の長寿を祈願して植樹されたものと伝えられ、樹齢400年の古木。

 「かながわの名木100選」に指定され、厚木市の「天然記念物」に指定されている。








〜飯山の七不思議〜
亀甲の松

 飯山観音には亀甲の松と呼ばれた松があって、木肌が亀の甲羅のような模様になっていたという。


飯山の七不思議
リンクボタン飯山の七不思議





飯山庫裡橋
リンクボタン飯山の史跡を散策



リンクボタン源頼朝ゆかりの大山寺・日向薬師・飯山観音を巡る


飯山観音周辺の散策(okadoのブログ)

白山ハイキングコース(okadoのブログ)




歴史めぐり源頼朝



飯山観音
飯山観音

神奈川県厚木市飯山560番地
(飯山観音は「かながわの景勝50選」に指定されている。)


飯山観音への行き方
小田急線「本厚木駅」
北口より『神奈中バス』D番のりば
宮ケ瀬行 上煤ケ谷行 上飯山行に乗車
「飯山観音前」下車 庫裡橋から徒歩10分



飯山観音・八幡神社・三島神社
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編