鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

白山神社
〜飯山の白龍伝説:厚木市〜

編集:yoritomo-japan.com







飯山:白山神社


 白山神社は、飯山観音背後の白山(標高284メートル)の山頂付近の尾根道ある。

 社殿の前には、池(白山池)があって、古くから雨乞いの霊地とされてきた。

 飯山観音(長谷寺)を開いたとされる行基は、この山を登り、霊水が湧き出している池を発見し、加賀国白山妙理大権現を勧請したと伝えられている。

 そして、クスノキで彫られた十一面観音が祀られたという。

 この十一面観音が現在の飯山観音(長谷寺)の本尊といわれている。

 1801年(享和元年)には、別当龍蔵院隆光が、修行中の霊夢によって秋葉権現、蔵王権現を勧請し、1804年(文化元年)に白山神社が再建された。

 明治初年頃に火災に遭い、龍蔵神社に合祀されていたが、昭和55年に現在の社が再建されている。



〜白龍伝説〜
(飯山の七不思議)

 日照り続きのため、麓の小鮎川で雨乞いの行事をした農民たちは、白山に登って白山池の水をかい出した。

 すると、池に棲む飯山観音の化身「白龍」が、水を求めて舞いだし、雷鳴とともに相模平野に三日三晩の雨を降らせて、農民たちに豊年満作をもたらせたという。

 飯山の伝統芸能「白龍太鼓」は、この伝説を伝えているものといわれている。


飯山の七不思議
リンクボタン飯山の七不思議


白山池
白山池
如何なる旱魃の時でも、池の水が涸れることがなったという。



リンクボタン飯山の史跡を散策


飯山観音周辺の散策(okadoのブログ)

白山ハイキングコース(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝



飯山観音
リンクボタン飯山観音

神奈川県厚木市飯山560番地
(飯山観音は「かながわの景勝50選」に指定されている。)


小田急線「本厚木駅」
北口より『神奈中バス』D番のりば
宮ケ瀬行 上煤ケ谷行 上飯山行に乗車
「飯山観音前」下車 庫裡橋から徒歩10分


リンクボタン源頼朝ゆかりの大山寺・日向薬師・飯山観音を巡る






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)