鎌倉手帳(寺社散策)

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

人穴冨士講遺跡と
源頼家の伝説

編集:yoritomo-japan.com







人穴富士講遺跡


 人穴浅間神社の境内にある人穴富士講遺跡は、富士講の開祖角行東覚が入定したという聖地。

 浅間神社の境内には、信者が建立した供養費、顕彰碑、登拝記念碑が建ち並んでいる。


北口本宮冨士浅間神社


 富士講の開祖角行東覚(藤原武邦)は、1552年(永禄2年)、故郷の九州長崎を旅立ち、岩手県盤井郡の「脱骨の窟」(だっこつのいわや)で修行した後、神のお告げによって富士の「人穴」に入って一千日の爪立ちを行ったという。

 左の写真は、北口本宮冨士浅間神社に残されている立行石。

 角行は1646年(正保3年)6月3日、人穴で亡くなった(106歳)。

 富士登頂は実に126回に及んだといわれ、角行の死後、人穴は富士講の浄土と呼ばれた。


白糸の滝:お鬢水
お鬢水

 白糸の滝お鬢水は長谷川角行が禊を行った水と伝えられている。







〜人穴探検を命じた源頼家〜

 『吾妻鏡』・『北条九代記』によると、1203年(建仁3年)6月3日、源頼家は巻狩りのため駿河国に入った。

 そこで見たものは山麓の大きな穴。

 頼家は重宝の剣を仁田忠常に与えて探索させたのだという。


リンクボタン富士の人穴探検〜源頼家と仁田忠常〜

リンクボタン浅間大菩薩に祟られた?〜源頼家・仁田忠常〜



〜人穴とつながっているのか?〜

江の島岩屋
リンクボタン江の島岩屋

 源頼家に人穴探索を命じられた仁田忠常は、奥へと進むうちに江の島岩屋に辿り着いたという伝承もある。



〜浅間大菩薩の祟りか?〜

源頼家の墓
リンクボタン源頼家の墓


 人穴探索を行わせた頼家は6月10日に鎌倉に帰るが、翌月には病に倒れた。

 9月には、北条時政北条政子によって出家させられ、伊豆修禅寺に幽閉された(参考:比企の乱)。

 そして、翌年7月18日、修禅寺で暗殺されている。

 人穴探索をした仁田忠常は、比企の乱加藤景廉に謀殺されている。 


リンクボタン浅間大菩薩に祟られた?〜源頼家・仁田忠常〜





富士裾野の巻狩り

歴史めぐり源頼朝



人穴冨士講遺跡

静岡県富士宮市人穴206−1

JR身延線富士宮駅より



富士山
リンクボタン世界文化遺産「富士山」


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)