鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 韮山反射炉
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



国 清 寺
静岡県伊豆の国市

編集:yoritomo-japan.com







伊豆の国市国清寺


 国清寺(こくせいじ・天長山国清萬年禅寺)は、1362年(康安2年)、鎌倉公方足利基氏の執事を務めた畠山国清が創建したといわれている。

 1361年(康安元年)、関東執事を罷免された国清は、領国の伊豆へと逃れた。

 伊豆で鎌倉公方に対抗したが、籠城した修禅寺城が落とされ、その後の消息は定かではない。

 1368年(慶安元年)、律宗寺院であった国清寺は、関東管領上杉憲顕が修築し、鎌倉の円覚寺第三十六世の無礙妙謙が開山として迎えられたことで禅宗寺院になったと考えられている。

 円覚寺塔頭如意庵は、国清寺を前身としているといわれる。

 盛時には、支院を78有していたといわれ、室町幕府三代将軍足利義満のときには関東十刹の一つに数えられた。

 現在残されている支院は、「高岩院」、「徳隣院」、「龍泉院」、「松月院」の四つ。

 円覚寺百観音巡礼の札所となっている。

 本尊の観音菩薩は、平安時代末に伊豆に流されてきた文覚が籠居したという奈古屋寺の本尊だったと伝えられる。 






伊豆の国市国清寺
仏殿
(釈迦堂)

 鎌倉時代の慶派仏師によるものと考えられている釈迦如来坐像が安置され、徳川歴代将軍の位牌が祀られている。


国清寺釈迦如来
釈迦如来坐像
(市指定文化財)







〜国清汁〜

 韮山には「国清汁」という有名な汁がある。

 鎌倉の建長寺「建長汁」がもとになっているそうで、野菜の残りの頭や皮を大切にするため、油で炒めて作られた味噌仕立ての汁。



〜堀越公方と国清寺〜

 1453年(享徳3年)、鎌倉公方関東管領との対立により起こった享徳の乱で、鎌倉公方足利成氏が古河に逃れ「古河公方」と称したことで、将軍足利義政は異母兄の政知を鎌倉公方に据えようとするが、政知は鎌倉に入ることができず、伊豆に留まって国清寺を陣所とした。

 しかし、1460年(長禄4年)、国清寺は足利成氏の焼き討ちに遭い、政知は堀越御所へ移っている。


堀越御所址
リンクボタン堀越御所



〜国清寺の鎮守〜

毘沙門堂
リンクボタン毘沙門堂

 毘沙門堂は、国清寺の鎮守。

 源頼朝北条政子文覚ゆかりの堂。



歴史めぐり源頼朝



伊豆の国市国清寺
地蔵尊
(歯痛と安産にご利益)


伊豆の国市国清寺
国清寺

静岡県伊豆の国市奈古谷1240−1
伊豆箱根鉄道駿豆線「原木駅」から徒歩約40分



伊豆の国市・源頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






源頼朝配流の地・北条氏発祥の地
(伊豆の国市)

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜
(伊豆の国市)

 伊豆・箱根

熱海の源頼朝伝説

伊東で源頼朝伝説

湯河原・真鶴の源頼朝伝説


特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編