鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

夏だ!休みだ!鎌倉だ!



丹 治 久 友
〜鎌倉大仏鋳造に携わった鋳物師と銅鐘〜

編集:yoritomo-japan.com







鎌倉大仏


 丹治久友(たんじひさとも)は、河内国の鋳物師(いもじ)。

 河内国の鋳物師は、1180年(治承4年)に平重衡南都焼討で焼失した東大寺の復興にも参加。

 中国宋の工人・陳和卿の下で大仏鋳造に携わった。

 その技術を受け継いだ久友は、鎌倉大仏・川越の養寿院の銅鐘・東大寺真言院の銅鐘・吉野山蔵王堂の銅鐘の鋳造に携わった。


銅鐘、銅鐘拓本の画像は、鎌倉文化交流館のパネルより。



養寿院の銅鐘
リンクボタン養寿院の銅鐘
(川越市)

 養寿院の銅鐘は、1260年(文応元年)に河越経重が新日吉山王宮(現在の上戸日枝神社)に寄進したもの。

銘文
武蔵国河肥庄
新日吉山王宮
奉鋳椎鐘一口長三尺五寸
大檀那平朝臣経重
大勧進阿闍梨円慶
文応元年大歳庚申十一月廿二日
鋳師丹治久友
  大江真重



東大寺真言院の銅鐘
リンクボタン東大寺真言院の銅鐘
(奈良)

 東大寺の真言院は、822年(弘仁13年)に弘法大師が創建。

 1180年(治承4年)、平重衡南都焼討で焼失し、1254年(建長6年)から21年の歳月をかけて再建された。

 銅鐘は、再建中の1264年(文永元年)4月5日に鋳造されている。

銘文
東大寺真言院者弘法大師之聖跡
密教伝持之霊地也而建立後送
春秋?廃依頼渉星霜爰依高祖之
冥助以太神之加護忽遂中興之
願再祐上乗之霊場剰励一身微力
瑩鋳九父洪鐘願三有驚虚夢六趣
感妙声于時文永元年甲子卯月五日
鋳物師新大仏寺大工丹治久友



蔵王堂の銅鐘・銘文拓本
リンクボタン蔵王堂銅鐘の拓本
(奈良)

 吉野山蔵王堂(金峯山寺)には、1264年(文永元年)8月2日に鋳造された銅鐘があった。

銘文
敬白 奉鋳鐘一口
大日本国大和国吉野郡
金峯山下山蔵王堂
文永元年甲子八月二日鋳之
大工鎌倉新大仏鋳物師丹治久友
広階友国
藤原行恒
勧進聖河内国住人僧実円



銘文の肩書きから推測すると・・・

 1260年(文応元年)の養寿院銅鐘の肩書きは「鋳師丹治久友」。

 1264年(文永元年)の東大寺真言院銅鐘の肩書きは「鋳物師新大仏寺大工丹治久友」。

 同年の蔵王堂銅鐘の肩書きは「大工鎌倉新大仏鋳物師丹治久友」。

 これらの肩書きからすると、鎌倉大仏が完成したのは1260年(文応元年)から1264年(文永元年)の間と推測できる。







鎌倉大仏
リンクボタン高徳院(鎌倉大仏)

 鎌倉大仏は、中国の宋朝様式の中にも日本風の意匠が認められる傑作。
 昭和33年2月8日、国宝に指定されている。


鎌倉市長谷4−2−28
0467(22)0703

江ノ電「長谷駅」から徒歩10分


鎌倉大仏建立伝説

鶴岡八幡宮と鎌倉大仏


江ノ電







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


夏だ!休みだ!鎌倉だ!


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編