鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

鎌倉大仏を建立したのは…
糊売り婆さんと源頼朝


編集:yoritomo-japan.com







鎌倉大仏


〜糊売り婆さんと源頼朝の伝説〜

 源頼朝が鎌倉に入った頃の事。

 頼朝は、鎌倉には谷戸が多いので、その数を調べることとした。

 その方法は、谷戸ごとに「のろし」を上げさせて数えるというもの。

 一番高い山に登って「のろし」を数えていた頼朝は、長谷の谷戸で五色の煙をたなびかせている「のろし」を発見。

 さっそく、家来に命じて調べさせた。

 すると、一人の婆さんが「麻のから」と「胡麻のから」を燃やしていたのだという。

 「五色ののろし」に感心した頼朝は、婆さんを呼び出して、褒美をとらせることに。

 糊を売ることを生業としていた婆さんが望んだのは、鎌倉での糊の販売の独占権。

 頼朝はすぐに婆さん以外の者が糊を売ることを禁止。

 やがて、婆さんは大金持ちに。

 そして・・・

 大金持ちになれたのは仏様のおかげと考えた婆さん。

 長谷の谷戸に大きな仏像を造ることを思い立ち、頼朝に仏像建立の許しを願い出ると、頼朝は婆さんの奇特な志に感心し、自分も大金を出して助力したのだとか・・・

 出来上がったのが鎌倉大仏

 昔は、こんな話も語り継がれていたようです。


この伝説は、沢寿郎先生の「かまくらむかしばなし」より。





鎌倉大仏
リンクボタン高徳院(鎌倉大仏)

 鎌倉大仏は、中国の宋朝様式の中にも日本風の意匠が認められる傑作。
 昭和33年2月8日、国宝に指定されている。


鎌倉市長谷4−2−28
0467(22)0703

江ノ電「長谷駅」から徒歩10分


江ノ電







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時