鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



甲府五山
〜武田信玄の五山〜

編集:yoritomo-japan.com








 甲府五山は、京都五山鎌倉五山の制度にならって、武田信玄が定めた臨済宗妙心寺派の寺院。



東光寺
リンクボタン東光寺

 東光寺は、鎌倉の建長寺を開いた蘭渓道隆が禅宗寺院として再興し、甲斐国の禅文化の中心となった寺院。

 仏殿は、室町時代後期の建築物で、鎌倉の円覚寺舎利殿と同じく中世の禅宗様式を伝える建築物(国重文)。

 信玄の嫡男・義信の菩提寺。


(参考)
建長寺開山忌





長禅寺
リンクボタン長禅寺

 長禅寺は、信玄の母・大井夫人の菩提寺。

 信玄は、開山の岐秀元伯から儒学・修禅・治国の基本を学び、「機山信玄」という名をもらったのだという。 


「機山」の号を与えたのは恵林寺快川紹喜とする説もある。





能成寺
リンクボタン能成寺

 能成寺は、武田氏十五代当主・武田信守の菩提寺。

 もとは八代郡(現在の笛吹市)にあった寺で、信玄の時代に甲府に移された。





円光院
リンクボタン円光院

 円光院は、信玄の継室・三条夫人の菩提寺。

 もとは、甲斐源氏の三代当主・源清光が建立した清光寺で、八代郡(現在の笛吹市)から信玄によって甲府に移された。





法泉寺
リンクボタン法泉寺

 法泉寺は、武田氏七代当主・武田信武と二十代当主・武田勝頼(信玄の四男)の菩提寺。

 首級牛蒡の伝説が残されている。


(参考)
甲州征伐









武田信玄


御旗楯無 御照覧あれ

風林火山

諏訪神号旗


武田信玄訓言




武田信玄をめぐる甲府
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


奈良・京都 奥州平泉
源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部