鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉鎌倉は紅葉・黄葉シーズン!  紅葉長谷寺ライトアップ開催中!  紅葉明月院本堂後庭園公開中!  紅葉長壽寺の秋の特別拝観  渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」

北条時政の不思議な行動
〜石橋山の戦い〜

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると・・・

 1180年(治承4年)8月24日、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、椙山の堀口辺りに陣を構えた。

 現在の湯河原町鍛冶屋とされ、瑞応寺付近とする説や幕山公園付近とする説があるが、正確な位置は不明。

 その頃、北条時政宗時義時の親子は大庭景親の軍勢と戦っていたが、戦いに疲れて峰を登れずにいたため、頼朝とは行動をともにはしていなかった。

 時政らに供をしていた武将は、「時政にお供していきたい」と申し出たが、時政は「早く頼朝を捜して供をするように」と命じたのだという。


しとどの窟(湯河原町)
リンクボタンしとどの窟
(湯河原町)

 しとどの窟は、頼朝が隠れ潜んだという洞窟で、頼朝が陣を構えた鍛冶屋の山中にある。





〜時政は甲斐国へ向かおうとした?〜
(『吾妻鏡』)

 その後、時政義時は箱根の湯坂道を通って甲斐国へ向かおうとし、宗時は土肥から桑原へ下り平井郷へ向かったが早川で伊東祐親軍に囲まれて討死。

 甲斐国へ向かおうとしていたはずの時政は・・・

 夜には頼朝の椙山の陣にいた。 

湯坂路は箱根湯本から芦之湯へ至る古道。

頼朝は、この日のうちに箱根権現の永実邸に匿われている。

リンクボタン北条時政の嫡男は誰だったのか?〜石橋山の戦いで討死した北条宗時は?〜


疑問その1

 甲斐国へ向かう途中で頼朝と合流したのだろうか?
 湯坂路を登ったはずの時政が椙山の陣に行けるのだろうか?
 椙山の陣が何処かは不明だが頼朝が隠れ潜んだというしとどの窟周辺だったのでは・・・
 (下段地図参照)



〜また甲斐国へ向かおうとした?〜
(『吾妻鏡』)

 8月25日、頼朝は箱根権現を出て土肥郷へと向かい、時政は事の次第を甲斐源氏に伝えるため箱根権現の僧の案内で甲斐国へ向かった。

 ところが・・・

 頼朝の落ち延び先を確認するために引き返し、頼朝のあとを追って土肥郷へ向かっている。


疑問その2

 甲斐国へ向かったのはおそらく頼朝の命のはず、頼朝はこれからの行動予定を知らせていなかったのだろうか・・・



〜頼朝より先に安房国へ〜

 8月27日、時政義時父子と岡崎義実が土肥郷の岩浦(現在の真鶴町岩海岸)から安房国へ向けて船出。

 8月29日には、前日に船出した頼朝を安房国平北郡猟島で出迎えている。


疑問その3

 何故、頼朝より先に船出したのだろうか?
 土肥郷で頼朝とは出会えたという記述はないが、先に行って様子を確かめるためなのだろうか・・・



〜時頼は逃亡したのかも・・・〜

 石橋山での敗戦後、北条時政が甲斐国へ赴くまでの途中経過は文献によって異なるが、武田信義をはじめとする甲斐源氏と合流したことは事実のようだ。

 気になるのは・・・

 頼朝の命で甲斐国へ行ったのか?

 それとも、石橋山での敗戦後、甲斐国へ逃亡したのか?

 ということ。

 『吾妻鏡』によると、9月8日に時政は頼朝に命じられて甲斐国へ向かい、9月15日に到着してるが、『吾妻鏡』は北条氏の側にたった歴史書。

 石橋山での敗戦後の記述は、頼朝を見捨てて逃亡した時政をなんとか庇おうとして作られた話で、史実の中にいるはずのない時政を入れ込んだため、おかしなストーリーになってしまったのかもしれない。

 参考までに、『延慶本平家物語』は、石橋山の戦い後「北条時政・同じく子息義時父子二人はそれより山伝ひに甲斐国へぞ趣きける」と伝えている。



石橋山敗戦後の頼朝・時政・宗時
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






源頼朝挙兵

石橋山の戦い

源頼朝鎌倉入り



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時