鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



畠山重忠の武士の精神〜奥州征伐:阿津賀志山の戦い〜

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると・・・

 1189年(文治5年)7月19日、奥州平泉の藤原泰衡を討つため、畠山重忠を先陣に鎌倉を発った源頼朝は、8月7日、陸奥国伊逹郡阿津賀志山の国見駅に到達。

 翌朝、阿津賀志山(厚樫山)の奥州軍を攻撃するよう命じ、畠山重忠は率いてきた人夫80名に鋤鍬で土砂を運ばせて堀を埋めさせた。

 8月8日卯の刻(午前6時頃)、畠山重忠小山朝光加藤景廉・工藤行光・工藤祐光が進軍して戦端を開き、金剛別当秀綱率いる数千騎と合戦。

 巳刻(午前十時)には金剛別当秀綱を退却させた。

 同じ頃、石那坂の戦いでは伊佐為宗が佐藤基治(佐藤継信・佐藤忠信の父)を破っている。

 8月9日夜、頼朝は翌朝に阿津賀志山を越えて合戦をするよう命じた。

 すると、三浦義村葛西清重・工藤行光・工藤祐光・狩野親光・藤沢清近・河村秀清の七騎は、畠山重忠の陣を追い越して山を越えて先頭に出ようと考えた。

 重忠の郎党が七騎の前を塞ぐようと注進すると、

 重忠は、

 「その必要はない。

 たとえ、連中の武力で敵が退散したとしても、先陣は重忠が賜っているのだから、功績はすべて重忠のものになるだろう。

 また、一番乗りを競い戦おうとしている連中の邪魔をするのは、武士の精神に反する」

 と答え、落ち着いていたのだという。

 8月10日、畠山重忠小山朝政小山朝光下河辺行平三浦義澄三浦義連加藤景廉葛西清重らの本軍が大木戸を総攻撃。

 奥州軍は激しく抵抗したが、小山朝光が金剛別当を討ち取り、総大将の藤原国衡は、和田義盛の矢で射られ、畠山重忠の家臣・大串重親に討ち取られた。


畠山重忠


奥州征伐

奥州平泉







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編