鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



太閤石風呂

編集:yoritomo-japan.com








太閤石風呂


 太閤石風呂は、箱根の底倉温泉を流れる蛇骨川の岸の岩盤をくり抜いたもの。

 1590年(天正18年)に豊臣秀吉が小田原征伐を行った際に、秀吉や将兵たちがこの湯で疲れを癒したのだと伝えられている。

 徳川家康や秀吉の側室・淀殿も訪れているのだとか。

 底倉温泉は、小田原北条氏も早雲寺へ参詣の際に浴したという湯。

 北条早雲の末子で箱根権現の別当だった幻庵は底倉温泉を保護したのだといわれる。

 秀吉も底倉の村人に乱暴狼藉のないことを保証し、小田原征伐後、小田原城に入った大久保忠世は、底倉へ湯治に来る人々から湯銭を取ることを認めたのだという。



太閤の滝
太閤の滝

石風呂の下流にあるのは太閤の滝。





石垣山一夜城
リンクボタン石垣山城

 石垣山城は、秀吉が北条氏攻略のために築いた陣城。

 淀殿や千利休が呼ばれて茶会が催され、天皇の勅使を迎えたり、能役者や猿楽師も呼ばれたのだという。



小田原城
リンクボタン小田原城

 秀吉の小田原征伐によって小田原城は開城し、戦国大名の北条氏が滅亡。

 合戦後、関東移封となった家康は、大久保忠世を入城させている。





〜焼かれた二所権現〜

伊豆山神社
リンクボタン伊豆山神社
(走湯権現)
箱根神社
リンクボタン箱根神社
(箱根権現)


 伊豆山神社箱根神社は、古代からの霊地で伊豆の流人だった源頼朝が源氏再興を祈願した社。

 それぞれ関八州総鎮護・関東総鎮守と称されている。

 小田原征伐で焼かれてしまうが、北条氏滅亡後に関東移封となった徳川家康が再建している。

 箱根神社には、小田原征伐の最中に秀吉が聚楽第の北政所(寧々)に宛てた自筆の書状が残されている。



小田原征伐








〜箱根のパワーで運気アップ〜
箱根三社参り

歴史めぐり源頼朝




太閤石風呂
太閤石風呂

神奈川県足柄下郡箱根町底倉

箱根登山鉄道「宮ノ下駅」下車、徒歩約12分



箱根神社
リンクボタン箱根神社

 1180年(治承4年)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、箱根権現(箱根神社)の別当行実を頼って逃れた。

 のちに頼朝走湯権現(伊豆山神社)・箱根権現の二所と三嶋社を参詣する「二所詣」を始めている。


神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1

伊豆箱根バス「元箱根」下車
箱根登山バス「元箱根港」下車
徒歩10分



〜箱根神社・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








源頼朝配流の地・北条氏発祥の地
(伊豆の国市)

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜
(伊豆の国市)

 伊豆・箱根

熱海の源頼朝伝説

伊東で源頼朝伝説

湯河原・真鶴の源頼朝伝説


特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮