鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん伊豆箱根三社詣〜伊豆山神社・箱根神社・三嶋大社〜
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」


多田満仲と
八百比丘尼の墓
〜元箱根石仏・石塔群〜

編集:yoritomo-japan.com







精進池の畔にある2つの石塔。

多田満仲宝篋印塔
多田満仲(源満仲)の宝篋印塔


 多田満仲は、清和源氏の祖・源基経の子。

 満仲の宝篋印塔は、高さ3.6メートルにもなる巨大なもので、永仁四年(1296年)の銘がある(国重文)。

 塔身の北面に如来坐像が、南西東に胎蔵界四仏を表す種子が彫られている。

 銘から、大和国の石工大蔵安氏の造立で、1300年(正安二年)に鎌倉極楽寺忍性が供養の導師を勤めたとする石工心阿による追刻がある。

 心阿は大蔵安氏の子で、安氏が製作の途上で死去したため、心阿がその跡を受け継いで完成させたのだという。

 この宝篋印塔がなぜ多田満仲のものと伝えられているのかは定かではないが、満仲が作らせ、源義経箱根神社に奉納したという源氏重代の太刀「薄緑」と関係があるのだろうか・・・。


 源頼朝の先祖で河内源氏の祖源頼信は、多田満仲の子(参考:六孫王神社(京都))。

 鎌倉の安養院にある良弁尊観の宝篋印塔も心阿の名が刻まれている。


曽我兄弟が仇討ちに使った名刀
(義仲の微塵丸と源義経の薄緑)


箱根の宝篋印塔(多田満仲墓)と極楽寺の忍性(okadoのブログ)






八百比丘尼の墓
八百比丘尼の墓

 八百比丘尼の墓と伝えられる石造塔の残欠。

 観応元年(1350年)の銘がある。

 八百比丘尼は、800年も生きたという伝説が残されている若狭国の女性だが、この残欠がなぜ八百比丘尼の墓と伝えられているのかは定かではない。 



〜元箱根石仏群〜

箱根路石仏群
リンクボタン石仏群
曽我兄弟五輪塔
リンクボタン五輪塔

 精進池の畔や国道1号線沿いの石仏群と、曾我兄弟と虎御前のものと伝えられる五輪塔。







〜箱根のパワーで運気アップ〜
箱根三社参り

歴史めぐり源頼朝



箱根神社
リンクボタン箱根神社

 1180年(治承4年)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、箱根権現(箱根神社)の別当行実を頼って逃れた。

 のちに頼朝走湯権現(伊豆山神社)・箱根権現の二所と三嶋社を参詣する「二所詣」を始めている。


神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1

伊豆箱根バス「元箱根」下車
箱根登山バス「元箱根港」下車
徒歩10分



〜箱根神社・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






源頼朝配流の地・北条氏発祥の地
(伊豆の国市)

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜
(伊豆の国市)

 伊豆・箱根

熱海の源頼朝伝説

伊東で源頼朝伝説

湯河原・真鶴の源頼朝伝説


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時