鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



御 馬 冷 場
〜鎌倉のやぐら〜

編集:yoritomo-japan.com







御馬冷場


 浄明寺の鎌倉公方屋敷跡碑の奥にあるやぐら。

 源頼朝の愛馬、生食(いけづき)と磨墨(するすみ)の足洗い場との伝承があって、江戸時代から明治にかけては名所の一つになっていたという。

 生食(いけづき)と磨墨(するすみ)は、宇治川の合戦の折、頼朝から佐々木高綱梶原景季にそれぞれ与えられた。

 名馬を拝領した2人は、宇治川を渡る際に、先陣を争い、景季が先を進んでいたが、後方の高綱が

「馬の腹帯がゆるんでいる。おしめなされ」

 と声をかけたため、景季は腹帯を締め直した。

 その間に高綱は先に川の中へ馬を乗り入れ、向こう岸へと馬を乗りあげた。

 これに刺激された義経軍は、義仲軍を散々に討ち破ったのだとか。


宇治川の戦い






磨墨
リンクボタン磨墨像

(東京大田区)
池月
リンクボタン池月像

(東京大田区)

 伝説によると、生食(池月)は、1180年(治承4年)、源氏再興の挙兵をして鎌倉を目指す源頼朝が、洗足池の畔に宿営したときに飛来したのだという。

 磨墨は、馬込(東京大田区)の産といわれ、萬福寺の山門前には磨墨像が置かれている。


馬頭観音堂
リンクボタン馬頭観音堂
(横浜市港北区)

 名馬「生食」は、鳥山の高綱館(鳥山八幡宮付近)で余生を過ごしたのだという。

 高綱は、「生食」の霊を慰めるために駒形明神を建てたというが、今はなく、その代わりに馬頭観音堂が残されている。



リンクボタン鎌倉のやぐらトップ






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時