鎌倉手帳(寺社散策)

洗足池公園
〜東京都大田区南千束〜

編集:yoritomo-japan.com







洗足池


 洗足池は、灌漑用水の溜池として造られた池。

 この辺りの地名は「千束」。

 その由来は、池上本門寺に対する千僧供料(せんそうくりょう)の免田からきていると考えられている(他説ある)。

 その後、身延山から常陸国へ湯治に向かう途中の日蓮がこの池に立ち寄り、「休息して足を洗った」という言い伝えが広まって、「洗足」となったのだという。

 畔には「日蓮の袈裟掛けの松」(三代目)も残されている。

 ※鎌倉の長勝寺の「日蓮聖人像」は、洗足池の畔にあったもの。 



千束八幡神社
リンクボタン千束八幡神社
池月像
リンクボタン名馬「池月」

 洗足池の畔にある千束八幡神社には、源頼朝の名馬「池月」の伝説が残されている。


池月橋
池月橋


西郷隆盛
リンクボタン西郷隆盛の留魂祠
勝海舟夫妻の墓
リンクボタン勝海舟夫妻の墓

 明治維新の英雄勝海舟は、洗足池の畔に別邸を構え、西郷隆盛と日本の将来について歓談したという。


御松庵
リンクボタン御松庵妙福寺

 日蓮は、洗足池で足を洗う際に、傍らの松に袈裟を掛けたと伝えられている。
 御松庵には、その松から三代目と伝えられる松が聳えている。







鎌倉長勝寺の日蓮像
リンクボタン長勝寺
(鎌倉)

 鎌倉の長勝寺の日蓮聖人像は、洗足池の畔に置かれていた。
 大正11年、日蓮は大正天皇より「立正大師」の号を賜り、翌年、それを記念して洗足池に建てられたのがこの像だった。

 高村光雲作。



弁財天社
中島の弁財天社
中原街道改修碑
中原街道改修碑





歴史めぐり源頼朝



洗足池
洗足池公園

 洗足池の南東には、「小池」と呼ばれる池がある。洗足池はこの「小池」に対して「大池」とも呼ばれている。

東急池上線 洗足池駅下車、徒歩2分






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)