鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

夏だ!休みだ!鎌倉だ!



伝義仲産湯の清水
〜嵐山町:鎌形八幡宮〜


編集:yoritomo-japan.com







義仲産湯の清水


 源(木曽)義仲は、源義賢の次男。

 1154年(久寿元年)、武蔵国比企郡の大蔵館で誕生したと考えられている。

 母は小枝御前(さえごぜん)。

 幼名は駒王丸。

 鎌形八幡神社境内に湧き出す清水は、義仲の産湯に使用されたと伝えられ、鎌形の地には大蔵館の下屋敷があったのだという。

 誕生の翌年、父の義賢が源義平に討たれると、駒王丸は畠山重能(畠山重忠の父)・斎藤実盛らの計らいで信濃国木曽へ逃れ、乳母夫の中原兼遠のもとで育てられた。


義仲産湯の清水

 義仲誕生の際には、近隣の七つの清水から産湯を沸かしたと伝えられるが、他の六つは枯れてしまったのだという。


鎌形八幡神社
リンクボタン鎌形八幡神社
源義賢の墓
リンクボタン源義賢の墓





斎藤実盛像
リンクボタン斎藤実盛像
(熊谷市:妻沼聖天山)

 義仲の命を救った斎藤実盛は、武蔵国幡羅郡長井庄を本拠とした武将。

 妻沼聖天山の名で知られる歓喜院は、実盛が建立した聖天宮に始まる寺院。


義仲館
リンクボタン義仲館
(長野県木曽町)

 木曽義仲が育った地といわれる木曽には、義仲や巴御前の存在を後世に伝えるため資料館としての義仲館が建てられている。


木曽義仲の墓
リンクボタン木曽義仲の墓
(大津市・義仲寺)

 1180年(治承4年)に挙兵した木曽義仲

 1183年(寿永2年)3月には、源頼朝と対立するが嫡子義高を人質として鎌倉へ差し出して和睦。

 5月には、倶利伽羅峠の夜戦で平家軍を潰滅させ、7月には平家一門を都落ちさせて入京。

 しかし、翌1184年(寿永3年)正月20日、頼朝が派遣した源範頼源義経によって滅ぼされた(木曽義仲追討)。

 4月には嫡子義高も誅殺されている(木曽義高の誅殺)。


木曽塚
リンクボタン木曽塚
(鎌倉:常楽寺)
清水八幡宮
リンクボタン清水八幡宮
(狭山市)

 鎌倉の常楽寺の裏山にある木曽塚は、義高の首塚と伝えられている。

 狭山市の清水八幡宮は義高の終焉地に建てられた社。







大蔵館跡
リンクボタン大蔵館跡

埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵

東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩25分



大蔵館跡・菅谷館跡MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


源平合戦

歴史めぐり源頼朝



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


夏だ!休みだ!鎌倉だ!


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編