鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



平時忠・時実父子と
源義経


編集:yoritomo-japan.com







 平時忠は、平家全盛時に「平家にあらずんば人にあらず」と言い放ったという公家。

 『吾妻鏡』によると・・・

 時忠は、1185年(元暦2年)3月、壇ノ浦の戦いで捕らえられ、4月26日、平宗盛らとともに京都へ送られ、源義経邸に入った。

 5月20日、能登国へ流罪と決定され、長男の時実は周防国へ流罪と決定される。

 死罪を免れることができたのは、「三種の神器の鏡が無事に返ってきたのは、時忠の手柄だったから」といわれている。

 (参考:壇ノ浦の戦いと三種の神器と頼朝・範頼・義経

 ただ・・・

 源義経は時忠の娘(蕨姫)を側室とし、流罪が決定した時忠らを京都に置いたままにしていた。

 9月2日、源頼朝に義経の動向を探るよう命じられた梶原景季は、9月12日、京都に入ると、早速、流罪となった者について話をする。

 すると・・・

 9月23日、覚悟をしたのか、時忠が配所の能登国へ下向。

 しかし、時実は・・・

 11月3日、義経は都落ちすることとなるが、その従者の中に時実がいた。

 11月6日、義経一行は、大物浦から船出するが強風で難破。

 一行はばらばらになり、時実は京都へ戻る途中で捕らえられている。

 翌1186年(文治2年)正月5日、時実は鎌倉へ送られるが、何の弁明もしなかったという。

 ただ、公家の罪を鎌倉が決定することはできないので、京都へ返されることとなり、正月25日、時実は上総国流罪となったのだとか。

 その後、平時忠は、1189年(文治5年)2月24日、配所の能登国で死去。

 同年4月15日、平時実は赦免され京都に戻っている。


リンクボタン源義経と源行家の謀反







奈良・京都

源平合戦

源義経伝説

歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時